2005年05月29日

言いまつがい

先日【オトナ語の謎。】を紹介しましたが、今日は、その隣に並んでいた【言いまつがい】を読みました。

【言いまつがい】―言い間違いや、やり間違い、長い間の勘違いなど、日常に起こったあらゆる間違いのこと。おかしみを含んでいることが多い。糸井重里の娘が、幼少の頃、自らの間違いに気づき口走った「よしこちゃん(仮名)、まつがえた!」に端を発する。


冒頭に、

―不特定多数の人々が集まる場所、真剣さが必要な場面などでは読まないでください―


と、注意書きされているのですが、本当に危険です!電車内や、学生さんなら授業中なんかに読んだらやばいです。絶対、吹き出してしまいますから!

文庫の帯に紹介されているのは、以下の5つ。

【壁の上塗り】
【理路騒然】
【まことしなやかに】
【黙ってしゃべれ】
【ざっくらばん】

これらが発せられた場面を想像するだけで楽しくなりませんか?

お気に入りを一つだけばらしちゃいます!

マクドナルドのハッピーセットのおもちゃが犬のぬいぐるみのとき、お母さんが子供に向かって「マルチーズとダッフンダどっちにするの!?」


そして、この本のおかげで、長年勘違いしていたことが一つわかりました。

【神々しい】

この形容詞の読み方、わかりますか?
私は今までずっと【かみがみしい】と読んでいました。

実際、PCで打ってみる。

1.かみがみしい→神々・しい→神々しい
2.こうごうしい→神々しい

つまり、【かみがみしい】は【神々】という名詞と、その残りとして認識され、
【こうごうしい】はダイレクトに【神々しい】という形容詞として認識される。

ご存知だった方には「なに当たり前のこと言ってるの?!」って怒られそう…これまで、声に出していなかっただけ、助かりました!

この本には、【モノの名前】という章もあって、ウチではコレをこう呼んでます!的な話も載っています。

面白かったのが、テレビのリモコンを【ピッピ】と呼ぶ家あれば、そうめんを【ぴっぴ】と呼ぶ家もある。

ちなみに、私の実家では、すき焼きに入れるしらたき(糸こんにゃく)を【ペロちゃん】と呼びます♪

「あ、ペロちゃんもう食べれるよ!」
「次、ペロちゃんも入れて!」

ってね♪

iimatsugai.jpg言いまつがい


人気blogランキングへ

posted by nmf at 19:28 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(2) |

2005年05月28日

キリンカップ【日本0−1UAE】

国立に行ってきた。
バックスタンドの前から4列目という良席。
でも試合内容は最低だった。

恥ずかしくて、情けない。

キリンカップは、日本サッカー協会(JFA)が主催する大会だ。
今、W杯予選を戦っている最中の日本。

次は、アウェイでのバーレーン戦。
そして、アウェイでの北朝鮮戦。
最後に、ホームでのイラン戦と続く。

それらの大事な試合の前に、【調整】という意味で組まれた大会のはずだ。

【調整】とは何か?

バーレーン戦を考えて、UAEを仮想敵国として準備する?

違う。

大切なのは、相手云々ではなく、自分たちのサッカーを再確認すること。
そして、大事な試合前だからこそ、必ず勝って、【勝利】という良いイメージをもって、W杯予選に望むこと。

そんな目論見だったはずだ。
だから格下を招待したんでしょ?
前回の相手・ペルーは66位。今日の相手・UAEは88位。日本は17位―

しかし、そんな超・格下相手に日本は2敗した。
しかも、どちらの試合も無得点で。

大会優勝賞金の10万ドルは、ペルーとUAEにまんまと持っていかれた。
JFAが日本代表のために主催した大会は、何の得ることもなく、逆に奪われた形なわけだ。

試合後、いつもは混むのを嫌って、すぐにスタジアムを後にするのだが、今回ばかりはそうはいかなかった。
両ゴール裏のサポ席に挨拶に行く選手たち(バックスタンドには来ない)に、思いっきり叫んだ。

代表なんて、やめちまえ!

ジーコの采配は確かに問題かもしれないが、選手のやる気のなさが一番頭にくる。
青いユニ着て、日の丸背負いたいと思っている選手はたくさんいる。
でも、今は、あなたたちが【代表】として選ばれているんだよ。
その自覚、ありますか?
別に今回の試合に負けても、次の試合にも呼んでもらえるもんって思ってない?

…そう考えると、やっぱり、なるべく固定したメンバーで戦いたがるジーコがいけないのかも。

もう、マジで、鈴木は要らない!

って、全国のサッカーファンは思ってるはず、と思ってたんだけど、昨日、私の前にいた女はビデオでずーーーっと鈴木だけを撮っていた。頭おかしいよ。スタジアムで試合中にビデオ撮ってるなんて、しかも鈴木なんて。

私の前の前にいた女は"SUZUKI"と書かれたユニ着てて、玉田との交代でさがったときには、とても残念そうに何かを叫んでいた。この周辺って、鈴木の親族?

嗚呼、とにかく最低な試合だった。
この日本代表に未来はあるのかな?


人気blogランキングへ

posted by nmf at 11:54 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(5) | サッカー

2005年05月27日

海辺のカフカ

村上春樹の【海辺のカフカ】を読みました。

昔、【ノルウェイの森】に途中で挫折したのですが、彼の作品はいつもタイトルが素敵で、心惹かれるし、受賞作品も多く、売れているようなので、興味はありました。

プロローグ、第1章、第2章まで読んで、「変わってるなぁ」という印象でした。

主人公である15歳の少年を主体とした部分は、通常の明朝体で書かれていて、少年の心に語りかけてくる「カラスと呼ばれる少年」の箇所は、太文字のゴシック体で書かれています。

今まで読んだ小説で、このように表示分けされているものは見たことがなかったので、ちょっとした慣れが必要でした。

WEB上の電子書籍なら考えられますが、縦書きの紙の小説では、あまり見かけませんよね?

物語も変わってます。他の作品をまだ読んでいないのでわかりませんが、「これが、村上ワールド?」と思いました。これを機に、他の作品も読んでみようと思っています。

今回は、あえて【ネタばらし】しません。

久しぶりにオススメなお話ですので、興味のある方、是非、読んでみてください。

あ、でも少しだけ、ネタばらし。

少年が、森の中で旧日本軍の兵士2人とともに、ある目的地に向かう…という場面があるのですが、ちょうどそのへんを読んでいたときに、【フィリピン・ミンダナオ島で、元日本兵とみられる男性2人の生存】というニュースをTVで見ました。一瞬、現実と本の世界の区別がつかなくなり、背中がぞぞっとしました。

Kafka_on_the_Shore1.jpg海辺のカフカ<上>

Kafka_on_the_Shore2.jpg海辺のカフカ<下>


人気blogランキングへ

posted by nmf at 16:46 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) |

2005年05月26日

リバプール、ビッグイヤー獲得!

CL決勝【ミラン×リバプール】が、トルコ・イスタンブールで行われました。 チームカラーがどちらも【赤】の今回、ミランがアウェイ(白)の、リバプールがホーム(赤)のユニを着て戦いました。

前半1分:ミラン、先制!カカがもらったファウルから、ピルロがFKを蹴り、マルディーニがダイレクトで決める。

前半3分:リバプールの惜しい場面2つ。ジェラードのCKからリーセ(ルーニー似のノルウェー代表)がシュート。同じくジェラードのセンタリングをヒーピアがシュート。どちらも得点にはならず。

前半22分:リバプール、交代。キューウェル(怪我)→シュミチェル。

前半28分:シェフチェンコ、中央をドリブル突破したカカからパスを受け、ゴール…しかし、オフサイド判定。

前半35分:リバプール、またもや惜しい場面。右サイドのジェラードから、左のバロシュに大きくサイドチェンジし、バロシュから中央で受けたルイス・ガルシアがシュート…しかし、枠外。

前半39分:ミラン、追加点!中央のカカから右のシェフチェンコ、そして、左のクレスポがゴール!

前半44分:ミラン、3点目!カカからクレスポへ。クレスポは2点目。カカは3点全てに関わることになる。

前半終了。ミランペース。全体的に攻守のバランスがすばらしい。リバプールは、ミランの中盤―ガットゥーゾ(右)、ピルロ(中)、セードルフ(左)―に阻まれ、ボールを支配できない。FWバロシュの高さを活かしたロングパスを何度も試みるが、ミランの底、スタムにきっちりマークされてしまう。

後半開始。リバプール、交代。DFフィナン→MFハマン。ジェラードを前目に配置。

後半9分:リバプール、初得点!左のリーセからのパスをジェラードがヘッドでゴール!

後半11分:リバプール、追加点!シュミチェルが、ハマンのパスを受け、ゴール左下に決める!

後半13分:リバプール、PKを得る。ジェラードがガットゥーゾに倒され。

後半15分:リバプール、同点に追いつく!ジェラードがもらったPKを、シャビ・アロンソが蹴り、一度はGKジダにはじかれるが、自らつめてゴール!

後半39分:リバプール、交代。バロシュ→シセ。
後半39分:ミラン、交代。クレスポ→トマソン。
後半39分:ミラン、交代。セードルフ→セルジーニョ。

後半終了。3−3のまま、延長戦へ突入。

延長後半6分:ミラン、交代。ガットゥーゾ→ルイコスタ。

延長前後半終了。3−3のまま、PK戦に突入。

ミラン1人目:セルジーニョ、枠外にはずす!

リバプール1人目:ハマン、ゴール。

ミラン2人目:ピルロ、GKデュデクの好セーブ!

リバプール2人目:シセ、ゴール。

ミラン3人目:トマソン、ゴール。

リバプール3人目:リーセ、GKジダの好セーブ!

ミラン4人目:カカ、ゴール。

リバプール4人目:シュミチェル、ゴール。

ミラン5人目:シェフチェンコ、GKデュデクに止められる!!

ミラン × × ×
リバプール ×

PKの結果は、3−2で、リバプールの21年ぶりの優勝が決まった!

すごかった!
まさか、0−3から追いつくなんて!!
CLって、最高!!!



人気blogランキングへ

posted by nmf at 09:01 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(11) | サッカー

2005年05月22日

キリンカップ【日本0−1ペルー】

このままスコアレスドローで終わってしまうことを予想し、

勝てないねぇ、日本。
点取れないねぇ、日本。

なんて思いながら見ていた後半ロスタイム、この試合ではじめてまともに食らったカウンターで、決められてしまいました…

これが、W杯最終予選じゃなくて本当に良かった。

大黒は、スタメン起用で良いのではないかと思う。裏を取る動きはバツグンだし、たとえ相手に取られてもすぐに奪い返しに行く動きなど、見ていて気持ちがいい。【代表での実績重視】とジーコは言っているらしいけど、DFや中盤ならともかく、J得点王のFWは当然スタメンだと思うのだけれど…

今日は、怪我でベンチの加地に代わって、三浦淳が右サイドでスタメン出場。【左でも右でもベンチでも、代表が勝利するために働きたい】と言っているだけあって、良い動きでした。

遠藤のミドルシュートも良かった。

満男の球出しも良かった。

それなのに、勝てない。点取れない。しまいにはロスタイムで失点して負ける。

W杯予選を念頭におけば、次のUAEがバーレーンの仮想敵国となる訳だから、キリンカップとしては、UAE戦の方が重きなのかもしれない。

でも、日本の目標はもはや【W杯出場】ではないはず。

W杯本選でどこまで勝ち進めるかを思えば、相手が南米であれアジアであれ、自分たちの戦い方で、格下にはきっちり勝つことが大事だと思う。

最新のFIFAランキング(5月18日付け)で、日本は17位、ペルーは66位。

たとえば、10位のイタリアが、59位のオマーンに負けたとしたら、「マジ?!どうしちゃったの、イタリア?」って思うけど、17位の日本が、66位のペルーに負けても、「マジ?!どうしちゃったの、日本?」とは思わない。

不思議だ。

次は、UAE戦。伸二と高原が合流する予定ですが、高原は左足太ももの肉離れで微妙だそう。玉田は、今日の後半開始直後、相手DFに足を踏まれて大黒と交代しました。決められない日本FWに追い討ちをかけるような出来事が続いてますが、2列目からの飛び出しでも、セットプレーでのDFのシュートでも、何でもいいから、しっかり点取って勝ちたい!


人気blogランキングへ

posted by nmf at 16:27 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(3) | サッカー

2005年05月21日

ユーベ、スクデット獲得!!

CL決勝を考慮して、変則的な日程で行われた20日の【ミラン×パレルモ】戦、主力を温存したミランは、3−1とリードしていながら、3−3に追いつかれ、結局、引き分けで試合終了。その時点で、勝ち点4差、残り2試合(ミランは1試合)のため、ユーベの優勝が決まりました!!

正直、あっけない幕切れだなぁと思いました。

相手が引き分けたことによる優勝確定。しかも、同日にユーベ戦は行われていない(ミラン戦以外は、通常通り、土曜開催)という状況。こんなとき、ユーベの選手やサポーターは、どんな様子でミラン戦を見ていたんだろう?って気になってしまいます。

さて、そんなユーベですが、今、チームの応援歌を作っているみたいです。現段階で、3候補まで絞られているらしく、こちらから、試聴できました!

聞いてみて、昨夏、ローマが日本に来たときのことを思い出しました。

【FC東京×ローマ】を味スタに見に行ったのですが、

トッティは、来日直前のUSツアーで怪我をして、イタリアに帰国。
カッサーノは、ニキビの手術で来日せず。
トンマージは、右膝損傷し、術後まもないので来日せず。
FC東京は、U−23の石川、今野、茂庭がオリンピックで不在…

という、お目当てがことごとくいない、ちょっとさびしい試合だったのですが、ひとつ、感動したことがありました。

試合が始まる前、代表の試合では国歌を歌いますよね?あんな感じで、ローマのチームソングが流れたのです。私の前に座ってて、一人で来たっぽいスキンヘッドのおじさん(全身ローマカラー)が、「待ってました!」とばかりに、むくっ!と立ち上がり、両手を高く上げ、ローマのマフラーをぴんっ!と広げて、声高らかに歌ったのです!

♪ローマ、ローマ、ローーーマーー♪

って。もちろん、サビ以外のところも(多分)イタリア語で歌っていました。
すごかった!
思わず、携帯ムービーで撮影しちゃったもんね、背後から。

今年も、海外からたくさんチームがやってきます!
楽しみですね!


人気blogランキングへ

posted by nmf at 18:08 | ☀ | Comment(3) | TrackBack(2) | サッカー

2005年05月18日

柳沢がユーベに?!

6月に日本へやってきて、1日に横浜Fマリノス、7日にFC東京と対戦するユーベですが、その召集リストに”YANAGISAWA”の文字があったそう。

ユーベのカペッロ監督の強い要望らしく、柳沢は、ユーベのジャパンツアー期間中、レンタルされる可能性が出てきたんだって。【可能性】というのは、もし、柳沢が、同じ時期にあるW杯アジア最終予選の代表に選ばれた場合は、このレンタル話は、なかったことになるみたい。

っていうか、要らない。

日本のファンへのプレゼント♪とかいうのはおかしい。
みんな、04−05シーズン、スクデット獲得とCL制覇をめざして共に戦ってきたユーベを、日本で見れることを楽しみにしてるはずだし。

Yahoo!スポーツニュースは、こちら



人気blogランキングへ

posted by nmf at 22:27 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(2) | サッカー

2005年05月18日

【日本一ラーメンを食べた男】が起業

以前、【ラーメン道2005・春】として、【好き!を仕事に!】できるか?!という記事を投稿しましたが、今日、こんなニュースを見つけました。

自称「日本一ラーメンを食べた男」がラーメンサイト運営で新会社設立

この方、大崎さんと言って、都内の広告代理店に勤務しながら、2005年4月時点で、6000軒、13000杯のラーメンを食べ歩いたそうです。

都内のラーメン店2800軒をデータベース化した【東京のラーメン屋さん(通称とらさん)】や、全国のラーメン店40000軒を登録した【RamenBank】を運営しています。

【RamenBank】は、都道府県を選択し、店名や地名などの文字列を指定して検索でき、ユーザが訪れたお店の感想を自由に書き込めるサイトで、私も使ったことがあります。携帯からも見れるし、口コミ情報からお店を判断できるので便利です。

今回の記者発表で、大崎さんは、

「自分の周りには『ラーメン王』を名乗れる人間が7〜8人ほどいるが、ラーメンだけを仕事にしていくのは現状では難しい。そういったラーメン王たちに仕事をコーディネートしていきながら、『ラーメンを極めれば仕事になる』という道筋を作っていきたい」


と言っていました。私は、ラーメンが好きなだけで【王】なんてレベルでは到底ありませんが、この会社の今後の動向に注目したいと思います。

【東京のラーメン屋さん】のページは、こちら
【RamenBank】のページは、こちら
大崎さんのブログは、こちら


人気blogランキングへ

posted by nmf at 21:49 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン

2005年05月18日

NMF

以前、このブログのタイトル'nmf'に関して、記事を投稿しましたが、今日、知り合いからこんな情報を得ました。

NMFとは、Natural Moisturizing Factorの略で、角質細胞内にある、水分を角質層の中に閉じ込めている成分だそう。NMFが不足すると、角質細胞のうるおいが失われ、肌荒れや乾燥のトラブルを招く…

詳しくは、こちら


私は、

No more football!

の頭文字をとって'nmf'というタイトルにしたのですが、まさか、こんな健康用語があったとは!日本語では、【天然うるおい成分】と訳されるようです。

日頃、美容やダイエットにあまり興味のない私ですが、これも何かの縁!と思い、ちょっと調べてみました。

NMFの主成分はアミノ酸。アミノ酸は、肌をうるおすだけでなく、血行促進、くすみ減少、にきびの原因(アクネ菌)を抑える、コラーゲンを生成する…などなど、肌にとって非常に大事な働きをするようです。

アミノ酸は、コラーゲンに比較して、約1/3000の大きさなので、吸収しやすいとか。

体内に吸収されたアミノ酸は、たんぱくとして再合成され、体の組織を作ったり、酵素やホルモン、抗体の原料になったりするんだって。

ただ、闇雲にアミノ酸ばかりを摂取してもダメらしく、たんぱく質と、糖質や脂質も一緒に摂取しないと、アミノ酸はエネルギー源として使われてしまい、たんぱく合成に回されなくなってしまうそう。

さらに、アミノ酸の代謝には酵素としてビタミンB6が必要らしい…

もうこの辺でちんぷんかんぷんになってきたぞ…

とりあえず、ビタミンB6が多く含まれている食品は、

レバー、鶏の胸肉、鮭、サバ、マグロ、豆類、ブロッコリー、ホウレンソウ、バナナ、アボカド、パパイア、キウイ、パイナップル、イチジク…

…全部、大好きな食べものだけど…

はじめは、アミノ酸を調べていたのに、ビタミンB6に辿り着いちゃった!

むむむ。恐るべし、栄養学!


人気blogランキングへ

posted by nmf at 16:15 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月17日

月曜日、大好き!

月曜日が好きです。
だって、野球がないもん。
月曜夜のスポーツニュースは、いつもよりサッカーを長く放送してくれる!
イェイ!

ってことで、ネットニュースで結果は知っていましたが、
【ユーベ2−0パルマ】のダイジェストを見ました。

デルピエロが調子良いみたい!
イェイ!

http://jp.uefa.com/footballcentral/news/Kind=16/newsId=302254.html

1点目をデルピが入れたんだけど、その後の歓喜のシーン。
ズラタンが背後から、デルピの頭を抱えて祝福。
抱えてっていうか、動画で見たら、頭をかきむしってって感じだった。
やめてくれよ。大切なんだから、頭髪!

勝ち点3差で2位のミランが、レッチェに2−2で引き分けたので、
勝ち点5差となりました!
これで、ユーベがスクデットに王手!
イェイ!!


人気blogランキングへ

posted by nmf at 00:43 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(2) | サッカー

2005年05月16日

パラダイス・サーティー

土曜は、サル練でした。
GWにラーメンばかり食べていたせいか、なかなか思うように動けませんでした。
でも、1得点できたので良し!っと。

日曜、案の定、筋肉痛!
だるかったので、本を読んだり、ビデオを観たりして過ごしました。

乃南アサさんの【パラダイス・サーティー】を読み終えました。
female】を読んだときに、長編も読んでみたいと思い、本屋さんで見つけた【パラダイス・サーティー】を、とりあえず買ってみました。

内容は、さえないOLが29歳の誕生日に家族と喧嘩して、家出し、今はオナベをしている幼なじみのところに転がりこみ、OLが30歳の誕生日を迎えるまでの1年間を、【OLと青年実業家】と【オナベとヤクザの妻】という2つの恋愛を軸に描いたお話です。

主人公のOLが、いまどきこんな奴いるか?!っていうくらい、古い考えの持ち主で、30までに結婚することを目標にしてたりするんだけど、まったく共感できなくて、読み続けるのが正直しんどかったです。

この人、よく妄想するんだけど、その描写の部分で眠気に襲われ、しおりを挟まずに寝てしまったことが何回もありました。

もう一人の主人公であるオナベには、私はノーマルですけれども、なかなか自分の心の中を他人に打ち明けられず、それでいてかっこつけで、他人の相談ばかりに乗ってしまうところが、共感できました。

興味深かったのは、【今の30歳=昔の20歳】というエピソード。
平均寿命が昔に比べて1.5倍になっているから、今の30歳は、昔の20歳に換算されるという意味なんだけど…

確かに!

歴史を見たりすると、偉業を成した昔の人って、マジ?!ってくらい若いときに偉いことやってるもんね!

ということは、昔の人の人生に比べると、今の人の人生は、濃度が薄まってるってことか?!

それと、主人公のOLがヤケ酒するときに飲む、【ビールフロート】
これのレシピが知りたい!
とりあえず、【ギネス】+【ハーゲンダッツのバニラ】なら、見た目コーラフロートの【ビールフロート】ができあがりそう♪

Paradise_Thirty_1.jpgパラダイス・サーティー<上>

Paradise_Thirty_2.jpgパラダイス・サーティー<下>


人気blogランキングへ

posted by nmf at 21:52 | ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) |

2005年05月14日

銀杏の絵が出ない!

このブログの右側に、銀杏BOYZ (GOING STEADY) のCDやDVDを載せてるのですが、ここ2,3日、CDやDVDのジャケ(イメージ)が表示されない!

なんで?

Amazonに問い合わせたけど、現在確認中…とのことなので、またしばらく様子を見てみようと思います。

特に【君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命】は、【ストップ!!ひばりくん!】の江口寿史さんのジャケットで、とても可愛いのに…

いつになったら直るのかな?
続きを読む

人気blogランキングへ

posted by nmf at 02:58 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月11日

吉井が、最近また酒を飲み始めた

7年ぶりだそうです。

イエローモンキー時代のロング・ツアー中に、

「しんどくなってやめた」

らしい(当時、雑誌か何かで禁酒を知り、少しショックだった)のですが、最近【スピリタス】という、ポーランド原産の、ライ麦を原料にした、96度のお酒を、ロックで「舐めるように」飲んでるそう。

96度?!

私が過去に飲んだ最高に強いお酒は、同じポーランドの【ズブロッカ】

大学時代にバイトしていたショットバーで、冷凍庫できんきんに冷やしたものを、ショートグラスで飲んだことがあります。瓶の中に野草みたいなのが入っていて、「アルコール度数が高いから、冷凍庫に入れても凍らない」と、聞きました。

その【ズブロッカ】でさえ、アルコール度数:40度くらいのはずなのに、96度?!

何はともあれ、喜ばしいことです。
我慢はよくない。

コラムを読むと、やたら【先生=ドクター?】に話しかけてるのが、微笑ましくて涙ぐましい。

YOSHII LOVINSONの公式HPは、こちら


人気blogランキングへ

posted by nmf at 22:42 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2005年05月11日

Yonda?のブックカバーが届いたよ

前に、【新潮文庫のYonda? CLUB】について書きましたが、応募していたブックカバーが、今日、届きました!

茶封筒のクロネコメール便で、きれいに包装されていました。かわいい!!

Yonda1.jpg

開けてみてちょっと驚いたのが、ブックカバー本体に、紐のしおりが付いてること!

Yonda2.jpg

文庫本をよく読む方なら、お気づきかもしれませんが、数ある文庫レーベルの中で、唯一、新潮文庫にのみ、紐のしおり(出版用語で【スピン】と呼ぶそうです)が付いています。

これ、すごい便利ですよね?

これがあるがゆえに、「文庫なら新潮」と決めている方もいるんだそう。

昔は、スピンを付けている文庫が他にもあったらしいのですが、コストダウンのために、みんなやめてしまい、今は、新潮文庫だけになってしまったんだって。コストが理由であれば、新潮文庫も、他社と同じ決断を下してもよさそうなのに、未だに続けているなんて、こだわりを感じますよね!

そんな新潮文庫からのプレゼントであるブックカバーなのに、ブックカバー本体にも、紐のしおりが付いているので、びっくり!

ブックカバーの中身が他の文庫であれば確かに便利…
だけど、中身が新潮文庫だったら、しおり2本じゃん!
なぁんて…この気配り、嬉しい限りです!

早速、明日から使っちゃいます♪

【新潮文庫のささやかな秘密。】は、こちら


人気blogランキングへ

posted by nmf at 21:32 | ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月11日

辛子蓮根

昨日まで、熊本出張でした。

今回は、前日入りすることができたので、熊本のL字型の繁華街で飲んできました!
普通の居酒屋さんだったのですが、やっぱり熊本だし♪ってことで、馬刺しと辛子蓮根を食べてきました!

馬刺しは、実家でも、たまに食べるのですが、熊本ではじめて、【赤くない馬刺し】を食べました。
普通の馬刺し(赤)と、レバー(黒っぽい赤)と、たてがみ(白)の【3点盛】だったのです!はじめて、レバーと、たてがみを食べましたが、すっごいおいしかったです!

レバーは、焼肉やさんで食べる牛のレバ刺しと同じように、ごま油のタレで、赤い馬刺しと、たてがみは、お醤油のタレで食べました。

次の日、お客さんと会う予定だった(出張で来てるんだから当たり前ふらふら)ので、ニンニクつけれなかったのが残念でしたが、

「嗚呼、実家のおとんに食わせたい!」


と、思いながら食べてきました♪

そして、辛子蓮根。
有名なのは知っていましたが、今回はじめて食べました。

おいしい!ビールのお供にぴったりです!

ってことで、おみやげに買ってきました。

karashi_renkon.jpg

蓮根の穴に辛子がぎゅっと詰まっていて、鼻につーん。
蓮根のまわりにウコンを混ぜた衣(厚さ約2mm)をつけて揚げているんですが、蓮根そのもののさくさく感と相性がいい。
マヨネーズをつけてもおいしいらしいので、マヨラーとしては、是非、試してみなきゃ!

今回は、ライトアップされている熊本城や、市街を走る路面電車も見れて、楽しい出張でした♪


人気blogランキングへ

posted by nmf at 21:24 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

2005年05月08日

総括!【ラーメン道2005・春】

今日でGWも終わりですね。

さて、10日間にわたり続けてきました【ラーメン道2005・春】

いかがでした?!

って、予告なしで勝手に始めた企画ですので、「そんなことしてたの?暇だね」って声が聞こえてきそうですが…

だって、予告してしまったら、途中でやめちゃったとき、かっこわるいじゃん?
でも、途中で私のひそかなたくらみに感づき、「毎日ラーメンばっか食ってて、胃、持つの?」なんて、心配してくださった方々、ありがとうございます!

大丈夫ですよ!元気です!

だって、毎日食っても飽きないもん、ラーメン。
しかも、胃は強い方みたいで、今まで胃薬とか飲んだことないんです。っていうか、胃がどこにあるかよくわかりません。一度でいいから、「ストレスかな?最近、胃の調子が悪くって…」なんて、おなかの辺りをさすりながら言ってみたいもんです。

会社帰りの電車内、疲れたまなこで、ふと見上げると、

【好き!を仕事に!】byとら○ーゆ


みたいな中刷り、見ますよね?
疲れてるせいか、凝視しちゃいます、そんな記事。

でも、【好き!を仕事に!】なんて、本当にできるのかな?


そう思ったのが、今回の【ラーメン道・10日間】のきっかけでした。

好き!を仕事に昇華させる方法はさまざまだと思いますが、私がトライしようと思ったのは、【おいしいラーメンやさんの紹介】でした。特に、最近は、塩ラーメンに魅了されてるので、塩ラーメンのおいしい店を紹介するべく、復習メインの、新規開拓もあり、って感じで食べ歩いてみました。

まず、【食べ歩き】

このキーワードが、かなりのクセモノです。
私の場合、1日に複数のラーメンやさんをはしごするのは無理です。
もちろん、1つのお店で、複数のメニューを食べることも。

この時点で、【好き!を仕事に!】は、ある意味、体力勝負かな、と思いました。

「どんなに駅から遠くても、歩く!」とか、
「お店の中休み(お昼休み)の時間になりそうだから、走る!」とか、
「長蛇の列だけど、あきらめずに並ぶ!」とか、
ならできますが、いっぱい食べるのは無理です。味の良し悪しもわからなくなりそうだし、何より、肉体的に、無理です。

次に、【レビュー】

すっごいおいしかったんだけど、文章で上手く表せない。
この食材、気になったんだけど、名前わかんない。
写真、上手く撮れない。

等々…難しいの!
書いてみて、はじめてわかりましたが、伝えるのって本当に難しい!
小さい頃、読書感想文が得意だったんだけど、もう、今となっちゃ、気のせいだ。得意だと思うしかなかったんだ、他に得意な教科がなかったから。(体育は別)

そして、極めつけが、【餅は餅屋】

文字で【おいしさ】を表現できる人、
写真1枚に【旨さ】を封じ込められる人、
知らない食材なんてほとんどないくらい【食べ歩き経験値】持ってる人…
たっくさんいると思います。

だから、【餅は餅屋】

ということで、【好き!を仕事に!】は、案外難しい、という結論に達しました!

逆説【仕事!を好きに!】

これは、解けることのない永遠の課題です♪
明日からまた仕事だぁ!

おまけ

人気blogランキングへ

posted by nmf at 22:16 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(1) | ラーメン

2005年05月08日

列車に乗った男

ジャン・ロシュフォールが好きです。
パトリス・ルコントも好きです。

ジャン・ロシュフォール主演&パトリス・ルコント監督で一番有名なのは、【髪結いの亭主】でしょうか。私も大好きな映画です。

ルコントの「独特&不思議系」な作風が好きで、
ロシュフォールの「色気あるおじいちゃん」っぷりが好きなのです。

ということで、今日は【列車に乗った男】を観ました。

昔は凄腕・銀行強盗だった渋い男が列車に乗り、寂れた街にやってきます。しかし、観光客のいない11月、ホテルは秋季休業。そこで、元・文学教授(ロシュフォール)が一人住む、古い豪邸をホテル代わりに滞在します。

寡黙な強盗と、死ぬまで話し続けると言う詩好きの元・教授。

はじめは会話もままならないのですが、数日、一緒に過ごすことで、真逆の互いの立場をうらやむように…

そして、滞在最後の土曜日。

寡黙な強盗は、予定していた仲間たちと、地方銀行へ、
元・教授は、遺書を残して、手術のために病院へ…

…こう書くと暗い印象かもしれませんが、暗いです。

でも、微笑ましい場面も一つありました。

ロシュフォールが、手術前日に散髪に行くのですが、そこでの注文方法。

理髪師「いつものように?」
ロシュ「いや、今回は短くしてもらおうか」
理髪師「どのくらいに?」
ロシュ「長くない程度に」
理髪師「…」
ロシュ「出所したての奴とサッカー選手の中間くらい」

できあがったのは、トレゼゲより長く、ジダンより多い、とても可愛らしい髪型でした♪

L'HOMME_DU_TRAIN.jpg列車に乗った男

LE_MARI_DE_LA_COIFFEUSE.jpg髪結いの亭主


人気blogランキングへ

posted by nmf at 20:26 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2005年05月08日

オトナ語の謎。

本屋さんで見かけて「なんか面白そう!」と、気軽に手にした本です。

糸井重里のウェブサイト【ほぼ日刊イトイ新聞】で、人気の連載が書籍化されたものです。

もし、あなたが社会人で会社人なら、読んですぐにハマルこと、間違いなし!

【アンドをとる】とか【ウィン・ウィン】とか、オトナが仕事で使う一見不思議な言葉たちが、独自のカテゴライズで紹介されています。

ページをめくるたびに、「あるある!」とか「言う言う!」とか「そうだったの?」とか、ちょっとした感想が自然とこぼれてきます。爆笑まではいきませんが、ニヤリとしてしまう内容なので、電車の中で読むのは少し危険です。変な目で見られてしまうかも。

私の場合は、ある一人の同僚を思い浮かべながら、この本を読み進めていました。

彼は同期の中でも一番の出世頭で、かといって、頭がカタイとか、上司に媚びてるとかいう奴ではなく、エロイし、営業なのに私生活では丼勘定だし、でも、なぜか仕事ができて、本当に素敵な奴なのです。

で、この本に出てくる【オトナ語】のほとんどを、奴は使いこなしている!

【オトナ語】を使いこなせてる、イコール、仕事ができる、ではなく、(実際、こんなの使わない方がわかりやすいじゃん!って言葉もあるし)奴は、ごく自然に「使っている」のです。どおりで、私たちよりも上の世代(上司やお客さん)との交渉が上手い訳だ!

こんな感じで、会社勤めの方には、ちょっとオススメの本です。
お勤めされていなくても、「日本語」や「言葉」に興味のある方、是非、読んでみて下さい。

各【オトナ語】の紹介文のオチがいちいち面白くて、(傾向的には、濱田マリの【明日まにあーな】)「ぷっ!」って吹き出しちゃいますよ♪

otonago_no_nazo.jpgオトナ語の謎。

【ほぼ日刊イトイ新聞】は、こちら


人気blogランキングへ

posted by nmf at 19:22 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) |

2005年05月08日

らーめん・桃源

久しぶりに、綱島の【桃源】に行ってきました。

塩ラーメンと言えばココ!という方が多いみたいです。
店頭には、V6の番組で紹介されたというポスターが貼られていました。

いつも並んでますが、今日は祝日ということもあってか、家族連れが多く、40分ほどの待ちでした。

今日食べたのは、【塩・のり・煮玉子】

tougen.jpg【塩・のり・煮玉子】

やっぱり、スープがおいしい!
魚介系と動物系のブレンドですが、魚介の旨味がバツグンに効いてます!

麺は、中太ちぢれ。ゆで方がアルデンテみたいでおいしいです。

具は、チャーシュー、メンマ、かまぼこ、ネギ。
それと、キクラゲみたいな食感の、緑色の海草のようなものが入っています。これ、なんだろう?前は、普通のワカメだったはず。食感が良く、個人的には、ワカメより好きです!メンマは、ごま油の香りがして、すごくおいしかったです。

トッピングで追加した煮玉子は、半熟度が「とろとろ」までいきませんが、まあまあおいしいです。そして、のりも、まあ普通かな。

前回は、塩ラーメンにハマリたてだったので、かなり感動した記憶があったのですが、今日、久しぶりに行ってみて、【信楽茶屋】の勝ち!と思いました♪

グルメウォーカーの【桃源】のページは、こちら


人気blogランキングへ

posted by nmf at 18:17 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン

2005年05月07日

トロイ

5月14日から公開の【キングダム・オブ・ヘブン】を前に、オーリーの復習ということで、【トロイ】を見ました。

史実というか、聞いたことのあるフレーズ【トロイの木馬】とか【アキレス腱】とかが出てきて、おおっ!なんて口走っちゃいました。

それもそのはず、【トロイ】は、ギリシャ最古の叙事詩人・ホメロスの著書【イリアス】を元に作成されているのだそう。むむむ。そういや、倫理の授業で習ったかも!

大作らしく、観終わって、心から満足!と言える映画です♪
当然、ブラピもオーリーもかっこいいしね!

TROY.jpgトロイ

【キングダム・オブ・ヘブン】の公式HPは、こちら

【トロイ】の公式HPは、こちら


人気blogランキングへ

posted by nmf at 22:33 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画

2005年05月07日

萬○屋

元祖一条流八代目直系がんこラーメン】をお目当てに、溝の口まで行きましたが、その住所にラーメンやさんはなく、うどんやさんがありました。しかも、そのうどんやさんはシャッターが下りていて、「5月11日まで休みます」との貼り紙が。このうどんやさんもつぶれるのでしょうか?

んで、川崎に戻ってきまして、何となく【萬○屋】というお店に入りました。とんこつベースのスープに、味は、醤油、塩、味噌などがありました。【塩玉ラーメン】を食べました。かたゆで玉子が浮かんでるラーメンを久しぶりに見ました。

manmaruya.jpg【塩玉ラーメン】

食券機があって、U字型のカウンターで、牛丼の【松屋】みたいなところです。頼んでないのに、ごはんが出てきたので「頼んでません」と言ったら、ごはん0円だそうです。でも、要らないので、下げてもらいました。

次回から使える【餃子無料券】をもらいました。でも、使わないでしょう。ちなみにその無料券には、【笹丸 日比谷店】と書いていました。意味がわかりません。そして検索するつもりもありません。

ま、男子学生の強い味方!的ラーメンやさんということです。


人気blogランキングへ

posted by nmf at 21:41 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン

2005年05月06日

トスカーナの休日

映画【トスカーナの休日】を観ました。
劇場の予告を見て、気になっていたのですが、見逃してしまった作品です。

アメリカの女性作家が夫と別れ、イタリアのトスカーナに旅し、その地で、なんと、家を購入!築300年の古い家を直しながら、現地で出会った人々とのふれあいを通じて、自身の人生を見つめなおす…そんなお話です。

原題が【UNDER THE TUSCAN SUN】とあるように、太陽や、嵐、海、砂、緑など、自然がとてもきれいに撮影されています。料理、シャンパン、ワインもすごくおいしそうで、「これぞイタリア!」という感じです。

特に良かったのが、【旗振り】のシーンです。
家の改装を請け負っている職人チームの若造(ポーランド人)が、イタリア娘との結婚を、娘の両親に許してもらうため、「男らしいところを見せる!」ということで、お祭の【旗振り】を見事にやってのけ…る?という場面が、良かったです。
最初は、男らしさをぴっちりタイツの旗振りで?!と思っていたのですが、伝統芸能みたいなものって、どの国でも【おごそかさ】を、否応なしに感じさせる力がありますよね!

ちょっと、仕事や人間関係に疲れた…そんなときにオススメの映画です。元気になれますよ♪

UNDER_THE_TUSCAN_SUN.jpgトスカーナの休日

【トスカーナの休日】の公式HPは、こちら


人気blogランキングへ

posted by nmf at 20:13 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(4) | 映画

2005年05月06日

らーめん・ShiNaChiKu亭

反町の【ShiNaChiKu亭】に行ってきました。

東横線の反町駅に降り立ったのが、もう2,3年ぶりでしょうか。ずいぶん変わりました。みなとみらい線と相互乗り入れするのを機会に改修したのでしょう。立派な地下ホームになっていました。国道1号に面した駅舎そのもののは変わっていません。

【ShiNaChiKu亭】は、反町駅を右に出て、五反田方面に進み、徒歩5分ほどです。1国に面しているので、わかりやすいです。今日は、雨のためか、お昼時間を少し過ぎていたせいか、待ちの列はできていませんでした。

注文したのは、【特塩味】

ちょっと欲張りかな?と思ったのですが、【2種類のチャーシュー】に惹かれて!

shinachikutei.jpg【特塩味】

【ShiNaChiKu亭】は、いつも盛り付けがきれい!
チャーシューの上に乗っている、黄色の野菜はなんだろう?黄ネギとかかな?

スープは、透明でキラキラしています。
ひとくち飲むと、お蕎麦やさんのダシを思わせるようなあっさりした味ですが、ふたくち飲むと、旨味がどんどん増してきます!そうそう、【ShiNaChiKu亭】の、このスープのおかげで、ファンになったのでした。

具は、特塩味なので、盛りだくさん!

まず、チャーシューが2種類2枚ずつの計4枚!
脂身のあるとろとろ系と、赤身部分の肉々系。どちらもすごくおいしい!幸せ!

次に、ワンタンですが、私は【本丸亭】のワンタンの方が好きです。【ShiNaChiKu亭】のワンタンは、ちょっと豚肉臭さが気になります。

次に、メンマ!
塩ラーメン好きの私は、常々思っているのですが、普通のメンマは、塩ラーメンに合わない!醤油でやや甘く煮たメンマは、醤油ラーメンのためにあるんだと思うのです。でも、ほとんどのラーメンやさんでは、普通のメンマを、塩ラーメンにも入れてます。

なんで?合わないと思うのは、私だけ?

…と思っていたら、昨日の【どっちの料理ショー】では、【醤油ラーメン×塩ラーメン】だったのですが、
塩ラーメン側のシェフがやってくれました!京都の朝掘りタケノコを、鶏だしスープで煮込んだ後に、ごま油で炒めていたのです!つまり、醤油で煮込んでいない、白いメンマ!

これだっ!これ!これ!

って、超感動しました!ま、私とクサナギとサトエリが選んだ塩ラーメンは、醤油ラーメンに負けたんだけどね。

あ、話がずれましたが、【ShiNaChiKu亭】のメンマは普通の茶色いメンマです。でも、甘さ控えめな味付けで、良かったです。

次に、煮卵。
1個、ころんと入っています。中は半熟のとろとろ!ただ、メンマが甘くない分、煮卵が甘い気がします。大きくて(L玉?)白身の部分も厚いので、なんだか、ケーキのスポンジみたいな味がしました。

最後に麺ですが、自家製の極細ストレートです。

出た!苦手の細ストレート!

って、知ってて行ってるんですが、だいぶ慣れてきました。私も大人になってきたもんだ。

しかし!細麺はのびやすい!ので要注意!!

特に、今日なんかは具・盛りだくさんだったので、具を堪能し、ふぅ…なんてため息ついている間に、どんどん麺が増えてきて、具を下から盛り上げてる気がするのです!

恐い!
もう、これが嫌なんだよな、細麺。

ということで、小食の方、女性の方には、【特塩味】よりも、【塩味+チャーシュー】をオススメします♪

そして、店主がシェフチェンコに似てますので、サッカー通の方、是非、足を運んでみてください♪

グルメウォーカーの【ShiNaChiKu亭】のページは、こちら



人気blogランキングへ

posted by nmf at 15:57 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | ラーメン

2005年05月06日

愛のはじまり

フランス映画【愛のはじまり】を見ました。

【王妃マルゴ】のイザベル・アジャーニ主演、2002年の作品で、刑務所から出所したばかりの女と、お金持ちだが孤独な男の物語です。

フランス映画らしい美しい風景と、低いトーンで語られるセリフ。
そして、これもフランス映画らしく、物語の前半は、「ん???」というところが多く、眠くなってしまいがちですが、出会った二人が、ようやくそれぞれの身の上を明かすあたりから、ぐっと引き込まれます。特に、イザベルが親に会いに行くシーンが印象的で、もの悲しく、涙がにじんでしまいます。

【可愛いだけじゃダメかしら】(1993)も有名なイザベルですが、本当に美しいです!
【愛のはじまり】では、踊るシーンが何度かあるのですが、細いからだに、黒いドレスがぴったり!おまけに、海や砂漠、風までもがイザベルの衣装かと思うほど、彼女を引き立てています。

単館系映画は、もっぱらレンタルしてしまっている最近ですが、このクオリティーは、やはり、劇場で体験しなきゃ!と思いました。

ai_no_hajimari.jpg愛のはじまり


人気blogランキングへ

posted by nmf at 00:55 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2005年05月05日

横浜らーめん・壱八家

弘明寺に行きました。

お目当ては【和風らーめん・味のほうさく】

しかし!お店はシャッターで閉ざされていました…
貼り紙もなく、気まぐれ休みなのか、定休日なのか、わからない…
すっごいショック!!

仕方なく、駅方面へ戻りました。汚い大岡川沿いに、てくてくと。
汚いのに、鯉や亀やスワンみたいのがいたりして、意外に生物の憩いの場であるようです。

「この時間だと、他に行きたいお店は、お昼休みに入っちゃうな…」

もうおなかぺこぺこだったので、駅前のお店にふらっと入りました。

【横浜らーめん・壱八家】

「あ、横浜駅東口のスカイビルに入ってるお店だ。一度食べた、定番の【家系】を」

ということで、今日は【坦々麺】にしてみました。

ippachiya.jpg【坦々麺】

普通です。社食が少し成長したって感じです。

ぐるなびの【壱八家】のページは、こちら


人気blogランキングへ

posted by nmf at 17:10 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | ラーメン

2005年05月05日

CL準決勝・第2戦【ミラン決勝進出!】

第1戦は、ミランのホームで、2−0。
第2戦は、PSVのホームで…

9分:PSV、パク・チソンのゴールで先制。
65分:PSV、コクーのゴールで追加点。2試合合計で2−2に並ぶ。
91分:ミラン、アンブロジーニのゴールで、貴重なアウェイゴールをゲット。
92分:PSV、コクーのゴール。2試合合計で3−3に並ぶが、決勝進出のためには、もう1点必要…

ホイッスル。

ということで、第2戦は、3−1でPSVが勝ちましたが、2試合合計で、3−3の同点のため、アウェイゴールを得たミランが決勝進出となりました。

アウェイゴールって、ほんとにおもしろいルールですね!いったい誰が考えたんだろう?

CL決勝は、5月25日、トルコのイスタンブールで行われます!
【リバプール×ミラン】
理想としていた【古豪×常連】のカード、楽しみです!


人気blogランキングへ

posted by nmf at 08:35 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー

2005年05月04日

female

本屋さんで、なんとなく手にした本です。

人気女流作家の短編を1冊にまとめたもので、映画化されるらしく、【話題の本】のコーナーにありました。

特に良かったのは、以下の2編です。

【桃】姫野カオルコ
―ラストが衝撃です。

【太陽がみえる場所まで】室井佑月
―ハッピーな話では決してないのに、読み終えて、なぜか元気が出ました!

「映画情報は、読み終えてからチェックしよう!」

と、心に決めていたので、今、映画のWEBサイトを見てみました。

配役に納得!特に、

【玉虫】小池真理子

の、石田えりさんは、原作のイメージにぴったりだと思います!

5月14日から公開で、いつも行ってる映画館でも上映するようなので、是非、見に行こうと思います。

映画【female】の公式ページは、こちら
※ 本を読まれる予定の方は、読後に確認することをオススメします。

female.jpgfemale


人気blogランキングへ

posted by nmf at 21:21 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) |

2005年05月04日

泳ぐのに、安全でも適切でもありません

江國香織さんの短編集【泳ぐのに、安全でも適切でもありません】を読みました。

一風変わったタイトルと、解説が山田詠美さんであることに惹かれ、購入しました。

全10編、女性を主人公にした恋愛ものです。「よくある話」や「すごく共感できる」というのではありませんが、「なんとなくわかる、この感じ」というのが多いです。

特に印象的だったのが、以下の2編でした。

【りんご追分】
ショットバーで働く女の子には、同棲中の彼氏がいる。その彼は、今で言うニート。働かずに、一日中、家にひきこもっている。「このままでいいのかな?」と思いつつ、決して嫌いではないショットバーでの仕事を続ける彼女…

【十日間の死】
親の意向で、フランスのボルドーにある女子寮つきの高校に留学させられてしまった女の子と、ボルドー屈指のシャトーを持つ一族の、三女の夫(アメリカ人)の話…

江國さんの作品を読んだのは、これがはじめてですが、「短編よりも、長編を読んでみたい」と思わせてくれた、そんな本です。

oyogunoni.jpg泳ぐのに、安全でも適切でもありません


人気blogランキングへ

posted by nmf at 20:33 | ☔ | Comment(7) | TrackBack(0) |

2005年05月04日

パッション

長い休みなら、長くて重い映画でも見れるだろうと思い、借りてきました。

パッション

メル・ギブソンが、構想12年、私財を製作費に充て、イエス・キリストの最後の12時間を、できる限り史実に従って描いたという渾身の一作です。


って、Amazonのレビューをそのままコピっちゃいました!
というくらい、無宗教の私にとっては難しい(内容はある程度理解できますが、感想を述べるのがとても難しい)映画でした。

イエスが捕らえられるところから始まり、数々の拷問を受け、処刑場である丘の頂上までを、これから自分が張り付けられる十字架を背負いのぼり…と、見るに耐えない、生々しい虐待シーンの連続です。確か、アメリカで、観客のおばあさんがショック死した…というニュースを見た気がします。それくらい、痛々しいです。

でも、処刑場の丘を中心とした街の風景や、回想として登場するこどもの頃のイエスと母・マリアのシーンは、きれいで、心和ませてくれます。

また、モニカ・ベルッチが、相変わらず美しいです。

パッション】は、アメリカ映画ですが、全編古代語(アラム語とユダヤ語)で展開されています。しかし、字幕は、英語とフランス語が専門の松浦美奈さん。

「どうやって古代語を訳しているんだろう?」と疑問に思い、調べてみたら、古代語に限らず、北欧やアジアなどの少数民族の言語を用いた映画は、英語のシナリオとともに輸入され、それを元に日本語訳するのだそうです。

なるほど!

PASSION.jpgパッション


人気blogランキングへ

posted by nmf at 18:14 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画

2005年05月04日

CL準決勝・第2戦【リバプール決勝進出!】

第1戦は、チェルシーのホームで、スコアレスドロー。
第2戦は、リバプールのホームで、1−0。

リバプールの決勝進出が決まりました!

モウリーニョの悔しそうな顔が目に浮かびます。
―なんたって、CL史上初の2期連続優勝・監督(前回はポルトの監督として優勝した)がかかっていたのですから。

トニーの狂ったような喜びようも目に浮かびます。
―なんたって、20年ぶりの決勝進出ですもんね。

そして、なんだか私も嬉しい。
―【古豪復活】って、なんだか嬉しいですよね?!

少し気の早い話ですが、次のCLから、【前回優勝チームが本大会に出られる】という特権がなくなるそう。つまり、仮にリバプールがCLで優勝したとしても、プレミアで、現5位のリバプールには、本大会出場権が与えられないのです。(プレミアからは、上位4チームに本大会出場権が与えられる)

しかし、ここにきて、UEFAも考えを変えてきそうな動きがあります。

UEFA(欧州サッカー連盟)は先日、レナート・ヨハンソン会長の発言を通じ、次のチャンピオンズリーグ(CL)に関して、リバプールがもし今大会で優勝し、なおかつプレミアリーグで最終的に上位4以内に入らなかった場合、イングランドのチャンピオンズリーグ出場チーム枠を5にすることを許可するかもしれないとほのめめかした。


…どうなるんでしょうね!

さて、チェルシーは、国内リーグとの2冠(厳密には、イングランド国内のカップ戦でも優勝しているので3冠)を逃した訳ですが、同じように、PSVもリーグ優勝だけとなってしまうのでしょうか?

一方、ミランは、国内リーグも正念場です。現在、ユーベと同一首位ですが、PSV戦の4日後(日曜日)には、直接対決です!

どっちもなんて渡さないぃ!
リーグ優勝はユーベがもらうぅ!

でも、直接対決は、ミランのホーム…
PSV戦で、がっつり疲れてほしい。
頑張れ、PSV!

でも、CL決勝カードとしては、【リバプール×ミラン】を期待してます♪


人気blogランキングへ

posted by nmf at 17:18 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(2) | サッカー

2005年05月04日

めん創・桜花

前から気になっていた【めん創・桜花】に行ってきました。

京急「神奈川新町」駅から、国道15号を川崎方面へ徒歩5分のところにあります。

【桜花】までの途中、池袋の有名店【大勝軒】の支店や、九州・大分ラーメンの【たまがった】もあり、さすが、激戦区を思わせます。

特に、【大勝軒】は「つけ麺」の草分け的存在で、「つけそば」の【桜花】にとっては、まさに競合現る!な訳ですが、今日、【大勝軒】は閉まっていました。「定休日かな?」と貼り紙に近づいてみると、

「5月1日に、横浜西口店がオープンするので、その応援でしばらく休みます」


とのこと。【大勝軒】どんどん展開してますね。

さて、【桜花】に到着したところ、15人ほどの列ができていました。昨日が定休日だったこと、【大勝軒】が臨時休業なことを差し引いても、このくらいの列はいつものことなのかも知れません。というのも、車で国道15号を走っていて、何回も(雨の日でさえも)、この行列を見たことがありますから。それを眺めながら「今度来てみよう!」と、いつも思っていたのでした。今日、並ぶ側になってみて…ちょっと恥ずかしかったです。車がびゅんびゅん通る国道で、ちょうど信号のある交差点のそばなので、丸見えなんだもん!

でも、並んでいる間、店内からただよってくる、チャーシューをあぶる良い香り…たまりません!もう、香りだけで、焦げ目や香ばしい味、ジューシーさ…を、想像できます!

45分待ちで、注文したのは、【特製つけそば】

ouka.jpg【特製つけそば】

食券機に【人気No.1】とあったので、【特製】にしてみました。

【めん創】なだけに、麺は自家製。まるくて白い太麺で、もっちもちです。ラーメンというより、うどんに近い感じがします。

「まずは、何もつけずに1本食べてみて」


と書いてあったので食べてみました。

ぬるい。

つけ麺ってはじめて食べたのですが、麺は冷たくて、それを熱いスープにつけて食べるのが普通ですよね?んで、好みで温かい麺に変更も可という意味で、

「あつもりもできます」


って書いてあったんだと思います。でも、素で1本食べてみて、麺の冷やしがちょっと足りないと思いました。塩味がきいていて、コシもあって、麺自体はおいしかったです。

麺の上には、刻み海苔と、メンマ、味玉がのっています。

熱々のスープは、醤油味。だしは、魚介と動物系のミックス。つけ麺なので、濃い目の味に仕上がっていました。後味として、すっぱい感があります。これはなんだろう?おいしいのですが、好みが分かれそうな気がしました。

スープの中には、刻みネギ、黒豚あぶりチャーシュー、鶏だんごが入っています。

チャーシュー、かなり旨いです!これだけでも、来た甲斐があった!って感じです。要注意なのが、普通の【つけそば】には、この黒豚チャーシューが入っていないそうなので、必ず【特製】を頼みましょう!

鶏だんごも、おいしい!生姜が効いていて、ひきしまった味が、濃いスープにぴったりでした。

味玉も、半熟・黄身とろとろ・甘すぎない味付けで、文句なしにおいしかったです。

食べ終えて…超・満腹!それもそのはず、麺の量が【並】で210g!
注文する際に、【小】の150gに変えられるらしいので、次は【小】にしよう!と思いました。

昨日は新規開拓に失敗し、凹み気味でしたが、無事、復活!できました!

グルメウォーカーの【めん創・桜花】のページは、こちら

追伸

人気blogランキングへ

posted by nmf at 15:31 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(2) | ラーメン

2005年05月03日

らーめん工房・ひらやま

行って後悔しました。

私のラーメンブログに傷がつくため、掲載するのをとてもためらいました。しかし、連れが、

「このまずさを世に知らしめよ。同じ過ちを繰り返さぬように」

と申しますので、泣く泣く投稿します。

hirayama.jpg【とんこつ新味ラーメン】

そもそも、とんこつがそれほど好きではないのに、この店に行った理由は、グルメウォーカーに、

厳選された醤油と塩の深い味わい
濃厚なトンコツ味で人気だった三ツ沢の「筑後亭」店主が「トンコツだけでは終わりたくない」と、心機一転、挑んだ味は、醤油と塩の2種類。スープは惜しげもなく最高級食材を使い、ダシを取った芳醇な味わい。厳選された醤油と塩の深いコクが味の決め手に。


と書いていて、塩を(連れは醤油を)目的に白楽まで行ったのでした。

ところが、メニューには、塩も、醤油も記載がありません。
店員に、「塩や醤油はないんですか?」と聞くと、メニューを指差し、「ここにあるだけです」と。

既に、失敗した感がありましたが、仕方なく【とんこつ新味ラーメン】とやらを(連れはベーシックな【とんこつラーメン】を)頼みました。

何が【新味】か?

とんこつスープに魚系だしを合わせているとのこと。
店内に入ってすぐ、とんこつ臭さが鼻についていたので、私はあえて【魚系だし】で臭み消しを試みた訳です。

運ばれてきて、臭いをかぎ、【新味】で正解だったと、まずは安心しました。

麺は、太縮れ。ゆで方は硬めで良かったです。
具は、とろけるチャーシューと小口切りネギ。

スープには、炒った鰹節が浮いています。なぜ、漉さないんでしょう?風味があれば十分で、見た目も舌触りも悪いです。

連れの【とんこつラーメン】も食べてみましたが…コメントできません、悲しくて、悔しくて。

昼時なのに、まったく混んでません。納得です。

帰宅してから、検索してみると、白楽に移転した直後は、店名(筑後亭→ひらやま)も、ラーメンの種類(とんこつ→和風)も変えて、心機一転の挑戦だったらしいのですが、儲からないとか、食材が調達できなくなったとかで、元のとんこつ・オンリーに戻ったらしいです。

白楽には、【知ったかぶりのブタ】や【六角橋親方】があり、とんこつ激戦区です。あえて白楽に移転してきて、駅近とも言い難い立地条件(神奈川大学には近いですが)、そしてこの味…大丈夫でしょうか???

私なら、白楽であれば絶対に【信楽茶屋・白楽店】をオススメします!
今日、はじめて場所を確認し、外観を眺めてきましたが、他のどの店より駅近です!店長は、元々、鶴見本店にいて、その後、平和島店、そして、白楽店へと渡り歩いてきた方なので、味は問題ないはず!!

とにかく、

「足を運ばなければその店の味はわからない!」

これを信条に、気を取り直して頑張ることを決意した日でした。


人気blogランキングへ

posted by nmf at 16:37 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(1) | ラーメン

2005年05月02日

ゴイステのDVDを見た!

ついに見ました!

GOING_STEADY.jpg君と僕とBEEの★BEAT戦争

銀杏から好きになった私ですが、ゴイステのアルバム2枚【さくらの唄】と【BOYS & GIRLS】も、もちろん聞きました。

でも、「やっぱり銀杏の方がいい!」という、非常に新参者らしい感想でした。

銀杏の初アルバム【君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命】と【DOOR】では、ゴイステ時代の曲をアレンジして収録しなおした曲があるのですが、例えば【銀河鉄道の夜】のように、「銀杏バージョンの方がいい!」のです。

ただ、銀杏としてのライブ映像はまだ発売されていないので、ゴイステの【君と僕とBEEの★BEAT戦争】を見てみました。

雑誌やウェブ上でのライブレポを見て覚悟はしていましたが、すごすぎです、彼らのライブ。

まず、なんて歌っているかわかりません!(笑)

ミネタの動きが最高です!
個人的に、江頭2:50みたいな動きに弱い私ですが、ミネタの動きには、えがちゃんに通ずるものがあると思います。

そして「ミネタが客席にダイブ!」とかよく言われてるのですが、逆です!
客席のひとやまから、若者がごろごろ転がってきます!
客席を【沖】、ステージを【岸】とすると、転がってくる客が、まるで絶え間ない【波】のようです!
それを制するライブハウスの(またはゴイステの)スタッフが、まるで【防波堤】のようです!
岸に押し寄せたごろごろをスタッフが押し返して、またごろごろと沖に帰ってゆくのです。

極めつけは、MC!
毎回ライブを終えるとき、山形弁で「ありがどさまでした!」と言う、くらいは聞いていましたが、まさか、ここまでとは!
もう、MC全編、山形のずぅずぅ弁です!
っていうか、お客さんに通じているのかな?って少し心配になります。

山形県民のみなさん、おもしろいので、是非、見てみてください!
ついでに、【3万字インタビュー】と【ミネタのブログ】を読めば、
あなたも虜、まちがいなし!です!


ちなみに、ミネタのお父さんは、自分の息子のコンサートがDVDになるっていうんで、嬉しくて、たくさん予約して、親戚・知人に配布したんですって。その後に、実際、見てみてびっくり!!

…すぐに回収したそうです。

どうしてか?は、見てみてのお楽しみ!


人気blogランキングへ

posted by nmf at 22:08 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽

2005年05月02日

ELLEGARDEN【RIOT ON THE GRILL】

ELLEGARDEN

ずっと頭の中で【エルガーデン】と読んでいたのですが、【エルレガーデン】と読むそうです。

実は、【ロッキンオンジャパン5月号】を買ったときから、気になっていた存在です。

理由は、

1.4月20日に発売された4thアルバム【RIOT ON THE GRILL】のジャケットがインパクト・大!
2.高橋美穂によるインタビューから、かなり良さそうということが伝わってくる。―「史上最高傑作なのである!」
3.山崎洋一郎がマジ褒めしている。―「売れてほしい」

先日、CDやさんの試聴機の上に、あのジャケットを見つけ、早速聞いてみました。

RIOT_ON_THE_GRILL.jpgRIOT ON THE GRILL

いい!!!

もう1曲目【Red Hot】から、ぎゅっ!です。

英語の発音が、ネイティブか?と思ってしまうほど、うまいです。

パンクだけどポップなメロディーが最高です!!
10曲中、全曲最高なんですが、特に4曲目の【Marry Me】が好きです!

そして、2曲目の【モンスター】のような日本語詞もどこか切なくていいです!

うわぁ!
知らなかった、こんなバンドがいたなんて。
ライブに行きたい!ライブに行きたい!

その前に、ライブDVD買おう!

Bad_For_Education_TOUR_LAST_BOOTLEG.jpgBad For Education TOUR LAST BOOTLEG

本当にオススメなので、ちょっとでも「む?」って思った人、聞いてみてください!

公式HP


人気blogランキングへ

posted by nmf at 19:51 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(3) | 音楽

2005年05月02日

福岡発・らーめんタクシー

福岡のタクシーやさんが、こんな企画を始めたそうです。

らーめんタクシーとは、福岡にお越し下さった方々に、2時間以上タクシーを貸切にてご利用頂き、複数(4店程度)のラーメン店をドアツードアで巡っていただくツアーです。

「せっかく福岡にきたのだから美味しいラーメンを食べたい」「ちょっと時間があいたけど、どこに行っていいのかわからない」といった方にピッタリのプチグルメ観光コースです。


2,3年前、福岡に出張した際、会社の同僚2人と、「福岡来たら、やっぱラーメンでしょ!」ということで、仕事を終え、帰りの飛行機までの残り少ない時間、「是が非でも地元のラーメンやさんに行こう!!」と張り切ってタクシーに乗りました。

乗り込んだタクの運ちゃんに、「オススメのラーメンやさんに連れてってください!」とオーダー♪した私たちが運ばれてったところは…

【どさん子】か何かの、北海道ラーメンのチェーン店でした…

速攻、降りて、自分たちの足で適当な地元ラーメンやさんに行きましたとさ。

という訳で、【らーめんタクシー】は、良さげな企画ですね!


人気blogランキングへ

posted by nmf at 18:10 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2005年05月02日

麺処・中村屋

約1年半ぶりに【中村屋】に行ってきました。

腕を高く上げて湯切りする(※)ので有名な、あのラーメン革命児・中村さんちの【中村屋】です。

※「天空落とし」と呼ぶそう。

小田急・江ノ島線「高座渋谷」駅(各停しか止まりません)という、アクセス的には決して良くない場所ながら、さすが…今日も長蛇の列でした。

12:25に到着、座れたのが13:20ということで、55分待ち。
天気が悪かったり、逆に良すぎたりしたら、きっと途中で挫折してしまうでしょう。

お店の隣に不動産やさんがあって、その店頭にまで行列を作ってしまうのを防ぐため、

1.お店の前
2.駐車場の敷地内

という風に、行列は2段階に仕切られています。頃合いを見計らって、お店の方が誘導してくれるのですが、お店の方が店内にいる間、第一陣(お店の前の列)の最後尾のお客さんは、

【第二陣の存在を知らず、第一陣に並ぼうとするお客さんに、第二陣の存在を知らせる】

という素敵な任務が与えられます。今日、私の後ろに並んでいた若いリーマン2人組がその任務を与えられ、「副班長だ!」と喜々として張り切っていた姿が笑えました。

お店側で、はじめての方には【特中村屋】(醤油または塩)をオススメしています。また、どのメニューも「あっさり」または「こってり」を選択できます。

前回は、塩・あっさりの【特中村屋】でしたが、今回は、麺を通常の【細麺】から【真空平打ち麺】に代えて、塩・あっさりの【特中村屋】を注文しました。

実は、細・ストレート麺が苦手で、前回は「まずは定番を」ということで細麺でしたが、今回は平打ち麺に変更してみた、という訳です。

nakamuraya.jpg【特中村屋・塩・あっさり・真空平打ち麺】

平打ち麺に変更して大成功!おいしい!!

昨日の【本丸亭】の平打ち麺は、やや透明がかった色で、表面の食感がつるつるしていたのに対し、【中村屋】の真空平打ち麺は、色が粉色、もちもち感が強く、醤油にも良く合う麺だと思います。

スープは魚ダシ。昆布、サバ節、カツオ節、煮干など。このスープに、塩ダレを合わせています。塩ダレは、大型圧力釜で抽出した鶏ガラ、無農薬の米製みりん、純米酒、沖縄産の塩などを合わせて作っているそう。

具は、チャーシュー、海苔、煮卵、メンマ、ほうれん草。

チャーシューが「売り」なんですが、【特中村屋】の場合は、輪切りの【あぶりチャーシュー】1枚と、拍子切りの【刻みチャーシュー】のWチャーシューがトッピングされています。どちらも七輪で焼いています。

海苔は、千葉産と書いてありましたが、すごく香りが良くて、寿司やで使っていそうなくらい上品なものだと思いました。

煮卵は、半熟のが半分。甘味が強いです。なので、半分で十分。

メンマは、台湾産と書いてありました。もっと、こりこりした歯ざわりが好きなので、ちょっと残念でした。

【中村屋】の公式HPは、こちら


【中村屋エッセンス】という、ラーメンの素材を発展させたコース料理のお店も始めたみたいです。HPは、こちら


人気blogランキングへ

posted by nmf at 17:24 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(1) | ラーメン

2005年05月01日

らー麺・本丸亭

本厚木にある塩ラーメン専門店です。

塩ラーメン専門ですが、ワンタン入り、海老ワンタン入り、辛味ネギ入り、梅入り等々、メニューはたくさんあります。

…が、今日もやっぱり、ベーシックな【本丸塩らー麺】を食べました。

honmarutei.jpg【本丸塩らー麺】

麺は、特製・青竹平打ち麺を、栃木県佐野市から取り寄せているそうです。この麺は、本当に一食の価値あり!です!!見た目がキラキラしていて、食感(麺の表面)がつるつる!噛むと、コシがあって、ものすごくおいしいです!!

スープには、鶏、豚骨、昆布、焼アゴ(※)を使用しているそうです。

※ 焼アゴとは、トビウオの未成魚を、香ばしく焼き上げた後に干したもの。イワシの煮干しに比べ魚臭みが少ない。長崎のお雑煮のダシとしておなじみの食材。

鶏は、コクの出る親鶏と、甘味の出る雛鶏を丸ごと使用しているそう。

具として、チャーシュー、ワンタン、ネギ、春菊が入っています!

【本丸亭】独特なのが、春菊!熱々のスープにもぐらせて、しゃきしゃきなところを食べます!スープに良く合って、おいしい!口直しの意味もあるのかもしれません。

チャーシューは、脂身あり。太めにスライスされたものが2枚!ジューシー!

ワンタンまで入って、735円は安いですよね?!

【本丸亭】は単純に旨いだけでなく、食材に対するこだわりが半端ないです!店内に、さまざまな【こだわり】が書いてあるので、待ち時間に読んでみると楽しいですよ。

営業時間は、

【昼の部】11:00〜スープがなくなるまで(14:00頃)
【夜の部】17:00〜スープがなくなるまで(22:00頃)

ですが、開店と同時に行くことをオススメします。店内にも待合席がありますが、いつも店外まで並んでます!しかも、海老ワンタンなどの人気トッピングは、売り切れるのが早い!

今日は、13:20に着いて、40分ほど並びました。そして、私の後ろ、約20人で、スープがなくなり、昼の部・終了となりました。

本当は、毎日でも通いたい…そんな【本丸亭】
本厚木は遠いですが、是非、行ってみて下さい!

グルメウォーカーの【本丸亭】のページは、こちら

【はじめの一歩】をうながすメモ:

親方は一見恐そうですが、実は優しい方だとお見受けします!

はじめて行ったとき、カウンターのちょうど真ん中の席で、待っている間、厨房の中を眺めていたのですが、気付かないうちに、興味津々で、身を乗り出していたのかもしれません。

それを制するかのごとく「ちょっと離れて」と言われた直後、親方の手元から、いきなり火が噴いて、私はびっくりして、のけぞってしまったんです。

親方は笑いながら、「いきなりびっくりしちゃうよね」と。

どうも、フランベみたいに、予期した調理法だったみたいで、「危ないよ」という意味での「離れて」だったのでした。

それまで「恐そう」と思っていたのですが、驚かせて楽しんでる風の様子も垣間見れて、面白かったです。

でも、あのとき作っていたのは、何ラーメンだったのだろう?季節限定の特別メニューかな?


人気blogランキングへ

posted by nmf at 17:40 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。