2006年04月29日

カド焼き

image/nmf-2006-04-29T22:19:42-1.jpg最上公園

image/nmf-2006-04-29T22:19:42-2.jpgカドの炭火焼

image/nmf-2006-04-29T22:19:43-3.jpg花見の席

帰省した。

新庄に着いてすぐ、最上公園へ。

新庄には花見シーズンに【カド焼き】と言う素敵なイベントがある。カドとは"春を告げる魚"ニシン。

新庄は(米沢も)木曜に開花したばかりだそうで、まさに咲き始めだった。新幹線の窓から見た山形のお城の桜は満開だったのに、約60kmでこんなに違うんだ。っていうか、横浜では桜なんて随分前のことだったのに…日本は縦長だ!

新庄は昨日まであまり天気が良くなかったらしい。でも、今日は良い天気。11時頃から16時頃まで公園の池のそばにシートを敷いて、カドやお弁当、団子を食べたり、もちろんビールを飲んだり、犬と遊んだりしてた。帰る頃には、「この短時間でかなり咲いたよね」って話したりして。確かに、午前中よりも桜の木の"ピンク度"がだいぶ濃くなってる!

新庄名物の三浦焼きそば(通称"じじばば焼きそば")も食った♪

叶内アイス(通称"しゃこしゃこはけはけアイス")は、出店を発見したけど、結局食べず…残念。

小さい頃は骨が嫌で好きじゃなかったカド、大人になって久しぶりに食べたけど、すっげぇ旨かった!念願叶って幸せ♪

…って、食べ物の話ばかり!やっぱり、花より団子♪だね(笑)


人気blogランキングへ

posted by nmf at 22:19 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月29日

北海道

一昨日、昨日と北海道に出張だった。

一昨日の仕事の後は、ホテルにいったん荷物を置いて、カニを食べにゴー!写メ撮るのも忘れるほど、カニづくしのお料理を堪能した♪刺身、焼き、鍋、雑炊…超満腹&大満足。カニはほじくるのが面倒だし、ほじくるのに夢中になって食卓が無言になるのがつまらなくて、あまり好きじゃなかったんだけど、やっぱり旨い!鍋の場合は、生の状態でカニの身を殻から予め剥がして鍋に投入すれば、食べるとき苦労しないってコツを店員さんに教えてもらって、なるほど!って感心した。面倒な分、頑張った甲斐があって、より美味しさを実感できる♪

北海道に仕事で行ったのは初めて。いつもはボードだから新千歳空港からシャトルバスでゲレンデへ…なんだけど、今回はJR北海道に初乗り!大通り公園も初めて歩いた(横切った)。ここに雪像や氷のオブジェが並ぶんだね…今は緑だけど。

帰りの飛行機は空いていて、通路側の席だったんだけど、隣も、その隣も空席だった。機長の挨拶で「ただいま仙台・山形上空を飛行中」と言うのを聞いて即、二つ右隣の窓側の席に移動。天気が良かったので、眼下に山々が綺麗に見えた。緑や茶色、遠くの山は青に残雪の白…まるで地図の等高線が見えるよう。「あれは福島の猪苗代湖かな?でかいな。あれは競馬場かな?植え込みの文字"FUKUSHIMA"がくっきり見える。やっぱり福島競馬場だ。指で測ると猪苗代湖に福島競馬場が20個位入るぞ!」なんて夢中で窓に張り付いていたら、後ろの席のおじいさんに「飛行機、初めて?」って声をかけられた。まるで子供に話しかけるような、「ひこうき、はじめてかい?ぼく」って内心響いてくるような優しいトーン。仕事だから一応スーツ着てるんだけど…(笑)少し恥ずかしくなって「いえ、初めてではないです…」と真面目に答えてしまった。

しばらくすると、キャビン・アテンダントが極上の笑顔でポケモンの絵葉書を2枚くれた。そういえば、この飛行機に乗り込むとき、「ポケモン機体だ!イェイ!」とか言ってたんだよね。それ見られてたのかな?だって、同行した会社の上司や同僚はもらってなかったもん。しかも、絵葉書を渡されて顔が一瞬ほころんでしまったのか、「おみやげ用に、もう2,3枚いかがですか?」って、まぶしいsmileで言われちゃって、少し恥ずかしくなって「いえ、2枚で十分です…」って言っちゃった。

乗り物は童心に返る♪



人気blogランキングへ

posted by nmf at 09:30 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月16日

リバティーン

ジョニー・デップの【リバティーン】を観た。

17世紀のロンドン、国王に寵愛されながらも破天荒な人生を歩んだ詩人・第二代ロチェスター伯爵の物語。史実を元にしたフィクション。

ジョニー・デップの出演作品の選び方が好きだし、そのデップが「脚本の冒頭三行で出演を即決」したと言うから、公開スタートの週に観に行ったんだけど、ちょっと期待はずれだった。ラストの見せ場、議会での演説がありきたりで予想できる内容だった。でも、カビ臭さやワインの匂いが入り混じって漂ってきそうな映像は、宮廷から一歩、外に出れば、暗く廃退した街があり、貴族たちは酒と女に溺れている、という当時のロンドンを巧く表現していた。

劇場で観ても良いけど、家で部屋を暗くして観れば、それで良いとも思う。【パイレーツ・オブ・カリビアン】の続編(デッドマンズ・チェスト)の劇場予告が観れたから、良しとしよう♪

リバティーンの公式ページは、こちら


人気blogランキングへ

posted by nmf at 20:46 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(4) | 映画

2006年04月16日

祖国とは国語

ブログ放置期間中にも、いくつかの本を読み、映画を観た。そもそも、このブログを始めたきっかけは、読んだ本、観た映画の感想を書き留めておこうと思ったのだった。…ということで、溜まった感想文を少しずつアップしていこうと思う。(多分、全部は無理だけど…)

書店で「話題の本」として並べられていた【祖国とは国語】を読んだ。この本は、数学者・藤原正彦が書いたもので、以下の3つの作品が掲載されている。

1. 国語教育絶対論
2. いじわるにも程がある
3. 満州再訪記

1.が本のタイトル【祖国とは国語】に関わる文章で、2.は著者の家族内での数学・科学についての会話にちなんだエピソード集、3.は著者の出生の地・満州を家族とともに訪れた際のエッセイ。

数学者が国語について語る、という点に惹かれて手にしたのだが、読んで正解だった。数学の世界での"真偽"は、True(100%) or False(0%)で、あいまいな部分がない。しかし、現実世界では、あいまい(グレー)なことばかり。数学の世界で白黒はっきりしているのは、"定理"があって、それを出発点にしているから。では、グレーな現実世界で出発点とすべきは何か?それを著者は"情緒"としているところが、すごい。現実世界で物事を主張したり、誰かを説得するとき、この"情緒"を出発点とし、言葉で、語彙や表現を駆使して、論理的に進めなければいけない。日本人にとって、言葉、語彙、表現、論理的思考を育むのは他ならぬ"国語"なので、昨今の英語教育の優先や、ゆとり教育、産学協同などは、現代の国際社会において日本の国力を弱体化させていく原因になりうる、と言う。

この本を読み終えて数日後、中央教育審議会が小学校高学年での英語必修化を提言した。そして、石原都知事が吠えた。

「日本人がものごとを考えるのは、やっぱり日本語で考えざるをえない。日本語のもたらす語感、日本人独特の感性、情緒を皆さんが持たなければいけない」

「ナショナル(国家的)がないものは決してインターナショナル(国際的)になるわけがない」


なるほど。この本を読む前は、「英語必修?いいんじゃない、脳が若いときに始めた方が身につくって言うし」とか、「石原、また吠えてるよ」くらいに思ってただろうけど、今は違う。やっぱり、国語は大事だ。私が今、後悔してるのは、小・中・高校の頃に、もっと本を読んでおけば良かったってこと。本には、"読むべき時期"って必ずあると思う。そのときの感受性で読み返すことは決してできないから。

国語は大切。

Sokoku_toha_Kokugo.jpg祖国とは国語


人気blogランキングへ

posted by nmf at 20:03 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(3) |

2006年04月16日

トマトソースとミートソース

またまた3週間もブログを放置してしまった。その間、このブログは一周年を迎え、私は誕生日を迎えた。去年の誕生日は、カウンターの一の位と十の位が同時に「カチャン…」と回る幻聴が聞こえたけど、今年はそんなこともないだろう♪とのんきに構えていたら、違った。これまでは、通勤の定期券を更新する際に歳が一つ増えたことを実感させられていた(JRの定期券には年齢が印字される)んだけど、今年は我が家の中で既に目の当たりにしてしまった。毎朝、体重計に乗るんだけど、この一年の間に高性能な体組成計に買い換えたんだ。それに入力した生年月日のデータを元に、誕生日の当日、しっかり歳が一つ増えてた…素敵!デジタル家電!(涙)

さて、最近、美味しくパスタを食べることに夢中。

060401_2107~0001.jpgトマトソース瓶詰め完了

休日の時間があるときに、トマトソースとミートソースを大量に作って、瓶に詰めといて、平日の夜にパパっと食べれる♪という生活を満喫してる。

060401_2107~0002.jpgミートソース煮込み中

チーズも市販の粉チーズじゃなく、パルメザンを塊で買ってきて、食べる直前におろす。

060401_2110~0001.jpgチーズのおろし金も買っちゃった!

にんにくもチューブじゃなく本物を買ってきて、みじん切りにしてオリーブオイルに浸けておけば、しばらく持つので、調理するたびに切る必要がない。

トマトソースとチーズのシンプルなパスタ、ミートソースの定番・ボロネーゼ、ミートソースをベースに茄子を加えたりと、ソースを作り置きしておけば、会社帰りの夜でも美味しいパスタが短時間で作れる!

060410_2307~0001.jpg茄子のミートソースパスタ

この調子で平日の夜も美味しいものを食べてると、太っちゃうかも!でも、体組成系があるから大丈夫♪...本当に?(笑)


人気blogランキングへ

posted by nmf at 19:03 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(1) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。