2006年11月29日

佐野実キティ

今日のお昼はラー博(ラーメン博物館)に行ってきたよ。食べたのは、支那そばやの塩。かなり久しぶりに行ったので、麺が極細ストレートだったことをすっかり忘れていて、出てきたときは「失敗した…」って思った。でも、美味しかったよ、スープが♪店内にはこだわりの食材に関するポスターが貼られていて、烏骨鶏や名古屋コーチン、平田牧場三元豚も使われてるみたい!平田牧場、略して、ひらぼく、愛情こめて、へいたまきばは佐野さんのおかげもあって、すっかり全国区だね♪

食べ終えて、おみやげコーナーをさらっと見ていたら、佐野実キティを発見!佐野さんと同じ調理服を着ていて、平ざるを持って、目がつりあがってるキティちゃん!怒ってるキティちゃんなんてすごく新鮮!即購入♪

ラーメン四天王シリーズらしいんだけど、他の3人は誰だろう?中村屋かな?

会社に戻って検索してみたら、中村屋、正解!残りは博多一風堂麺屋武蔵だった。さすが、ラーメンデータバンク(自称「日本一ラーメンを食べた男」の日記)には、四天王キティが全て載ってた。中村屋が欲しい!本当に天空落とししてるのかな?


人気blogランキングへ

posted by nmf at 23:04 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン

2006年11月29日

カンナバーロ、バロンドール獲得!

0J9EO04F--280x190.jpg

カンナバーロ、おめでとう!!W杯のMVPを獲れなかったときは心の底から「なんで?!」って、思ったから、嬉しいな。ユーベからレアルに行っちゃったんだけど、素直に喜べる。DFとしては3人目で、イタリア人としては5人目。次点がブッフォンってのも良いね♪

去年はこんなに綺麗にまとめてたんだ。でも、今年はそんなずくないから、スポーツナビの記事はこちら。(笑)


人気blogランキングへ

posted by nmf at 00:01 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(2) | サッカー

2006年11月28日

万歩計ダイエット

060910_0849~01001.jpg

ちょうど一週間前、会社から万歩計をもらった。年に一回、健保組合から薬が支給されるんだけど、その中に入ってたんだ。ちなみに去年は体温計だった。もらってすぐに、電池を入れ、携帯した!この万歩計にはメモリ機能があって、7日前までの測定値を表示することができる。ここで振り返ってみよう♪

11/21: 2,815歩 -> 万歩計をもらった日。午後から携帯したので約半日分
11/22: 4,561歩 -> 普通に会社の日
11/23: 16,346歩 -> ライブの日
11/24: 0歩 -> ライブ疲れで文字通り一歩も歩けなかった(笑)
11/25: 12,855歩 -> 伊勢佐木、関内、山手、元町を散歩した日
11/26: 7歩 -> 携帯し忘れた。部屋に置き去りだったのに7歩…怪奇現象?!(恐)
11/27: 4,743歩 -> 普通に会社の日
11/28: 4,126歩 -> 今日。普通に会社の日

万歩計って名前なだけに、一日の目標歩数は10,000歩らしいんだけど、目標を達成したのは、たったの2日!しかも、ライブと散歩という非日常的なイベントによるもの…。毎日コンスタントに10,000歩なんて、とても難しいことなんだね。嗚呼、わんこでもいれば毎日楽しく歩けるのに…。

でも、半年ほど前に東海道をてくてくしてた輝も、今はニュージーのアマチュア・サッカークラブで頑張ってることだし、私も頑張ろう!

あとは、これを買えば、もう完璧っ!!


人気blogランキングへ

posted by nmf at 23:12 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月26日

ヨコハマメリー

昨日、【ヨコハマメリー】を観に伊勢佐木町の横浜ニューテアトルに行ってきたよ。この映画館は【トランスアメリカ】以来、2回目。上映15分前くらいに着いたら、入場者が列を作ってた。しかも、ご年配の方が多い。

内容について、ここでは書かずにおこうと思う。公式ページとAmazonの紹介ページを載せておくので、是非、多くの方に観てほしい。ラストシーンに、とめどなく涙があふれた。パンフレットの永登元次郎の文章を読んで、また泣いてしまった。映画の中の、戦後のヨコハマ、そして、様変わりした現在の横浜。「語り継ぐことに意味がある」そう考えて私と同い年の監督が、5年の歳月をかけて作ったドキュメンタリー。映画を観た後、私は歩いた。

伊勢佐木町から関内、横浜スタジアム、中華街、山下公園、港の見える丘公園。横浜に住んで9年目にして、初めて、この高台に上った。

HI350017.JPGフランス橋から見たベイブリッジ

公園内のフランス山と称される地帯の一角に【愛の母子像】というものがあった。

昭和52(1977)年9月27日、横浜市緑区荏田町(現青葉区荏田北)に米軍機が墜落し、市民3人(母と幼い子二人)が亡くなりました。生前に海が見たいと願っていたことから、この公園に愛の母子像の寄付を受け設置したものです。


私が読んだこの碑文の設置には、像の設置から約21年を費やしたと言う。それまでは像の台座に「あふれる愛を子らに」とだけ書かれていて、事故とのつながりがわからない状態だったそうだ。

HI350018.JPG母子から見える海

HI350019.JPG公園内の展望台から見える海

母子像からは鬱蒼と茂った木々が邪魔して、海がちょっとしか見えない。どうせなら展望台に像を設置して、見渡す限りの海を見せてあげれば良いのに。

フランス山からイギリス山―本当にそう呼ぶのか不明だが、この公園は、横浜開港期にイギリスとフランスの軍隊が駐屯した場所で、フランス領事館があった辺りをフランス山と呼ぶなら、イギリス館やローズガーデンがある辺りはイギリス山に違いない―に移動すると、県立神奈川近代文学館や韓国領事館―これは現役の領事館で、管轄は神奈川・静岡エリアだそう―があった。

この辺まで来ると、ハイソな住宅街が現れる。立派な邸宅―玄関先には決まって高級外車―が悠々と並んでる。物珍しげに一つ一つのお家を見上げながら歩いてたら、本当は元町商店街―ショッピングストリートと申した方が宜しいかしら?奥様。笑―に出たかったのに、全然違う場所に行き着いてしまった!でも、そもそも適当な散歩なんだから、深く考えず、とりあえず大きな道路に出て車しか通らなそうなトンネルだけど、くぐってみたら、元町商店街に出た。

相変わらず高そうな犬を散歩させてる人が多い。日テレ【たったひとつの恋】で綾瀬はるかんちのモデルになってるって言う【スタージュエリー】を念のため確認し、みなとみらい線に乗って、帰ることにした。元町・中華街駅発→渋谷行きの電車に、見るからにお嬢様学校に通っている小学生―綺麗な制服の上には仕立ての良いコートを着てる。そのコート1着で、私がはいてるジーンズを5本くらい買えそう―が二人、お母様と一緒に乗ってきた。座ってお菓子を食べ始めた。決してポッキーのようなパンピーのおやつではなく、一個一個が丁寧に包装されていて、おそらく数分前まで元町ストリートの高級菓子店の、ガラスのショーケースの中に並んでいたであろうお菓子だ。それを何個も食う、ボロボロと食べかすを落としながら…。あの、みんなの車内なんですが。もしかして、お父様のベンツの中ではお菓子食べないけど、公共の乗り物なら平気とか、そういう感覚?母親も全く気にしてない。子供のコートについた食べかすを平然と足元に掃ってやってる。シンジラレナイ!

【ヨコハマメリー】の記事なのに脱線しまくっちゃった。何が言いたいかって言うと、メリーさんは、山の上に立つ豪邸(山手)と、その麓に立ち並ぶ浮浪者のバラック(寿ドヤ街)を見て、「まるで天国と地獄ね」と呟いたそうです。メリーさんは、きっと、寿町から山手方面を見上げるようにして、そう呟いたのでしょう。でも、天国にいるのが天使、地獄にいるのが悪魔とは限らない。電車の中の餓鬼と母親みたいなのが上の方に住んでて、メリーさんみたいな本物の天使が下の方にいたりする。これが現実なんだってこと。私はメリーさんみたいになりたい。

【ヨコハマメリー】の公式ページは、こちら

Yokohama_Mary.jpgヨコハマメリー


人気blogランキングへ

posted by nmf at 21:15 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(2) | 映画

2006年11月26日

GET ON THE OMNIBUS TOUR

HI350020.JPG

11月23日(祝) @恵比寿 LIQUID ROOM

東京は22日と23日の2日間。当然ながらHawaiian6とKen Yokoyamaは別々の日に分かれる訳で。迷ったけど、Hawaiian6はRIJFで観たから今回は23日だけにしときました。

15:30開場/16:30開演

出演バンドは以下の通り。

1. RAZORS EDGE
2. F.I.B
3. MOGA THE \5
4. YOUR SONG IS GOOD
5. Naht
6. ASPARAGUS
7. Ken Yokoyama

23時頃終了。

1個目のバンドが出てくるまでガム噛みながら待ってたんだけど、いきなりRAZORS EDGEで、嬉しくて夢中で頭振ってたら、口の中を2ヶ所切って流血してた。(笑)速い・うるさい・短い、最高!

F.I.BはオムニバスCDの2曲目【Are you standing on?】しか聴いたことがなかったけど、良かった!まだ単独音源を出していないそう。出たら買おうっと。でも、ピザの所属じゃないみたい。"F.I.B 京都"で検索したら、京都大学VDECサブセンターの集束イオンビーム装置(FIB)がヒットした。いきなり仕事関係じゃん!即、ページをクローズ。(笑)そういえば、F.I.Bのボーカルは「ちょっと、ちょっと、ちょっと」って言う双子の芸人に似てた。

MOGA THE \5もオムニバスCDの4曲目【消せない足跡】しか聴いたことがなかったけど、CDを聴いてみてイマイチだったんで、ライブでそれを覆して欲しかったんだけど、やっぱりそんなに好みではなかった。

YOUR SONG IS GOODはビークルとのコラボCD【BOOOOTSY】を聴いてたけど、絶対ライブで観た方が良い!!すっごい楽しかった。ラッパとか入ってるバンドってあまりなじみがなかったんだけど、あっという間に好きになっちゃった。MCも面白いし、観客に見せること、乗せることが上手で感心した。

Nahtは準備段階でギターの音が"キュイーーーン"って超高くて、うるさすぎて…。メタリック?!この枠は休憩タイムということにして、2Fの物販やタワレコをぶらぶらしてたんだ。そしたら、サージの楽屋入りに出くわした。奥様かな?と一緒に、普通にトコトコ歩いてきて、STAFF ONLYの部屋に入ってった。自分らの出番の直前に会場入りするって聞いてたけど、本当に直前なんで笑っちゃった。それと、このツアーの初日@福岡は、サージが中国出張から帰って来れなくなっちゃって、Kenのアコースティックと急造Ken Band(ベースはBBQ CHICKENSのI.S.O.)だったって言うから、サージがちゃんと帰ってきてて安心した。でも、Ken Bandはコリン側で観るんだけどね!(笑)

ASPARAGUSは【DIVE INTO DISNEY】ってオムニバスアルバムでプーさんの曲を聴いたことがあって、それと、木村カエラの【You】をVo.&G.の渡邊忍が作曲・プロデュースしたって最近知って、綺麗なメロディーを作る人なんだなって思ってたとこでした。実際ライブを観てみたら、知らない曲もすごく良かった!【You】やピザのベストに入ってる【PRECIOUS】では感じなかった、曲の途中でリズムが変わって曲の雰囲気がガラッと変わっちゃう感じがすごく好き!物販で会場限定販売のCD【Yes/No】を買ってきた♪

そして、Ken Bandだけど、もう!最高!!予告通り、コリン側でがっつり楽しんだ!ごっつぁんです!

今年のライブはコレで締めになりそう。それにふさわしいライブだった♪こんなに楽しいライブをたったの\3,000で提供してくれるKenとみんなに感謝。

The_Very_Best_of_POD.jpgThe Very Best Of PIZZA OF DEATH


人気blogランキングへ

posted by nmf at 18:46 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2006年11月26日

TOUR 2006 THANK YOU YOSHII KAZUYA

HI350016.JPG

♪雨の中を 傘もささず 名前も知らない あの男の 青いコートは びしょ濡れになり 僕の所へ 近寄って♪

はい、雨と言えば【SWEET CANDY RAIN】ではなく、【The Night Snails and Plastic Boogie】の中の【This is For You】を思い出す、未だちゃきちゃきのイエローモンキーっ子、nmfです。冷たい雨が降っていました先週の日曜日、神奈川県民ホール(カナケン)に吉井を見に行ってきました。

最近、「キャー」と黄色い声援が飛ぶ系のライブというかコンサートは、どこか居心地が悪いんだ。でも、吉井は仕方ない。すごく良くわかる、叫びたくなる気持ち!だって、あんなキラキラした赤のピチパン(股上浅め)がバッチリ決まってる40歳って他にいないもん。

「ロックスターはルックスが命だ」と
オレのロックスター達が教えてくれた


嗚呼、本当に嬉しい、こういう吉井が戻ってきてくれて!

以降、ライブレポを書きますが、もし、これからツアーに参戦予定で、詳細を知りたくない方は、読まない方が良いと思いますよ。吉井からの素敵なサプライズが用意されてますから。

オープニングは、ステージ後方に設置されたスクリーンにKREVAが映し出され、私達を良い感じにアゲアゲしてくれたよ。(笑)まず、これがサプライズの一つ目でしょう。何故、KREVAか?夏フェスで仲良くなったみたい。氣志團の綾小路翔と3人で今度、飲むんだって!楽しそう。

セットリストは以下の通り。

# nada_e_nadaさんのブログを参照させていただきました。ありがとうございました。

1. I WANT YOU I NEED YOU
2. LIVING TIME
3. HOLD ME TIGHT
4. 人それぞれのマイウェイ
5. LONELY
6. 黄金バッド
7. CALL ME
8. 20 GO
9. Paint It Black (ストーンズのカバー。歌詞はこちら。映像はこちら)
10. And your bird can sing (ビートルズのカバー。歌詞はこちら。映像はこちら)
11. SPARK
12. ALL BY LOVE
13. WEEKENDER
14. 楽園
15. TALI
16. BEAUTIFUL
17. バラ色の日々
18. LOVE LOVE SHOW
19. BLACK COCK'S HORSE
20. FINAL COUNTDOWN

en1. 恋の花
en2. パール
en3. BELIEVE

中盤のカバー2曲、これもまたサプライズ!新鮮でした。特に【Paint It Black】の方は、吉井が独自の日本語歌詞をつけていて、その内容がスクリーンに映し出されたりして、面白かった。実際ライブに行った方、リストの横に原曲の歌詞を載せたので比べてみて下さい。全然違いますよ。♪金のなる木…

【And your bird can sing】の方は、英語詞のまま、歌いました。

そして、来ちゃいました、まさにここでスパーク!!!会場全体の雰囲気、温度、湿度、匂いまで、一気に変わった!こみ上げてくるものがありすぎて、イントロだけでおなかいっぱい&胸もいっぱいって感じなんだけど、ふと隣を見てみると、妹が手にしたタオルで明らかにそこから汗は出ないだろうってところを拭ってる。そう、それは目頭!泣いちゃってるよ!!そう、私達は本当にイエローモンキーが好きなのです。

14曲目の【楽園】は、会場によって違うみたいです。福岡の2日目と塩尻では【太陽が燃えている】で、仙台では【BURN】だったそう。うぅ、どっちも聞きたかったよぉ!(泣)

最近めっきり、うるさくて速くて短い(笑)音楽ばっかり聴いてるもんだから、新しいアルバム【39108】=サンキューヒャクハチと読みます、の中で好きなのは、【黄金バッド】と【HOLD ME TIGHT】と【I WANT YOU I NEED YOU】なんだ。でも、それ以上にかっこよかったのは、【BLACK COCK'S HORSE】をアレンジした奴。もう、全くの別物(うるさい・速い・短い系)に変身してて、すっごい良かった。これはライブでしか聴けないんだろうなって思うと、この1曲を聴けただけでも行って良かったって思う。

本編の最後【FINAL COUNTDOWN】を聴きながら、「そういえば年末のCOUNTDOWN JAPANでは吉井が1月31日の一番でかいステージのトリなんだよなぁ。紅白で言えばサブちゃんかぁ(今年のトリは誰か知らないけど、紅白のトリと言えばサブちゃんっしょ!笑)。そりゃそうだよな、煩悩=108をテーマにしたアルバム出したアーティストなんて、今年、吉井しかいないもんなぁ。そしたらやっぱり、【FINAL COUNTDOWN】で閉めるのかな?吉井のトリは当然だとして、ホルモンが元日の一発目@一番でかいステージってのもすごい成長だ!超見たい!!」なんて考えてました。

アンコールは、しっとりとアコースティックで、大人なステージ。【恋の花】は映画【ヨコハマメリー】にインスピレーションを受けて作った曲なんだそう。関係者にDVDをもらい、USレコーディングのときに持って行ったんだって。メリーさん…シルクスカーフに帽子のマダムじゃない!うぅ、本当に嬉しい、昭和歌謡な吉井が戻ってきてくれて(泣)。そういえば、【伊勢佐木町ブルース】by 青江三奈も即興で歌ってくれたよ。

【恋の花】はアコギを抱えた吉井が一人、ステージに現れて歌ったんだけど、【パール】はバンドのメインギタリスト(お兄ちゃんではない)が現れて、演奏したんだ。ステージ上方からミラーボールが現れたときは、もしや【MY WINDING ROAD】?!って先走っちゃったけど、とても素敵にアレンジされたバラードの【パール】でした。

オーラスは【BELIEVE】でした。これは今回のアルバムにEngineered + Mixedとして関わったJim Scottが一番好きな曲と言ってました。私も大好きな曲。メロディーが綺麗、吉井の声が綺麗、そして、詞が深い。

仙台参戦の姫様からの情報では、MCが少なかったそうだけど、横浜は下ネタを含む(笑)楽しいMCがたくさんあったよ。引越するから冷蔵庫を片付けていたら、ファンからのプレゼントの松坂牛(!)を見つけたんだけど賞味期限が切れてて、"捨てた"そうだ。ここで場内は大ブーイングの嵐!(笑)そりゃそうだ。プレゼントした人がかわいそう。そこから、ファンからのプレゼントの話になって、封筒にティッシュで包まれた物体が入っていたので開けてみたら陰毛だったとか。それをすぐさま、隣でファンレターを読んでいたエマちゃんに投げつけたとか。(笑)

ライブから一週間、この記事を書く前にアルバムの初回特典のDVDを初めて(!)観たんだけど、これ、良い!USでのレコーディングやUKでのPV撮影のドキュメンタリーなんだけど、特に、ミキシングっていうのかな?確かレッチリとも仕事してる前出のJim Scottの機材部屋で作業してる風景がすごく良い。どんな風に一曲一曲ができていくのか、とても興味があるから、作業の様子を垣間見れて嬉しかった。ドラムのJosh Freeseが叩く【黄金バッド】は鬼巧(オニウマ)でした!そこには「日本で再現できないよぉ」って、嘆いちゃう吉井がいました。(笑)初回限定版を買うだけ買って、まだ観てないような不届き者(もしかして私だけ?笑)は、DVDが付いてたことを忘れる前に、早く観た方が良いよ♪


人気blogランキングへ

posted by nmf at 16:31 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(1) | 音楽

2006年11月17日

寺と納豆

061108_2336~01.JPG

通勤電車の中で、隣に座った和装のおばあさんから仏壇の匂い(正確にはお線香の匂い)がしてきた。昔、おばあちゃんに連れて行かれたお寺さんで食わしてもらった、納豆ごはんが無性に食いたくなった。超旨かったんだ、あの納豆ごはん。でも、なんでお寺で納豆ごはん食わしてくれるんだろう?新庄のお寺は、みんなそうなのかな?T先生んちのお寺では、何食わしてくれるのかな?すげぇ気になる。おなかすいた!

人気blogランキングへ

posted by nmf at 09:30 | ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月15日

日本 3-1 サウジ

アジアカップ最終予選の最終試合@札幌ドーム。

前半20分: 日本、闘莉王のゴールで先制。
前半29分: 日本、我那覇のゴールで追加点。
前半33分: サウジ、PKで1点ゲット。
後半5分: 日本、我那覇のゴールで追加点。

快勝。楽しい試合だった。津波情報がTV画面に表示され始めた時間帯は間延びした感じだったけれど、1失点はPKによるものだし、得点をあげた闘莉王、我那覇はもちろん、中村憲剛、今野、加地、三都主、駒野、ピッチ上の全員が持ち味を発揮した良いゲームだった。

W杯出場選手が数人いて、日本代表よりも早く札幌入りして調整していたサウジがあの程度だったのは不思議だけれど、勝ちは勝ち!

個人的には、憲剛の活躍が嬉しい。また等々力に見に行こうっと♪


人気blogランキングへ

posted by nmf at 21:28 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年11月15日

ワインダイエット

【ビール怪獣】の異名を持っていたnmfだが、数週間前からビールをやめた。代わりにワインを飲んでいる。フルボトルは、さすがに一晩で飲みきれないし、最近一人暮らしの女性をターゲットにハーフボトルのワインが出回っているとのことだが、空き瓶が増えるとゴミ出し係の妹が文句を言う―実際、アルミ缶オンリーだったゴミ袋にワインの空き瓶が加わったことで「重い!」と、ぶぅたれていた、前回の燃えないゴミの日―ので、便利グッズを購入♪

VACUVIN.jpgVACUVIN

ビンの中の空気を抜いて栓をしておく道具。飲みかけのボトルにグレーのキャップをして、白いポンプをシュコシュコしていると、途中で、ピキピキって音に変わる。これが真空になった合図。開けるときは、キャップの中央にある突起を押すと、プシューって音がして、ビンの中に空気が入り、栓を抜ける状態になる。これが楽しくって、実家にもプレゼント。Amazonギフトではメッセージをつけることができるんだけど、今回のメッセージは、

「いつもワインを送ってくれてありがとう!私からは道具を送るので、実物、待ってます♪」

そう、実家からいつも山形のワイン―蔵王スター朝日町ワイン高畠ワイン―が送られてくるから、感謝の気持ちをこめてプレゼントしたんだ。更なる要求(ずうずうしい。笑)も忘れずにね。だって、ヌーボーの季節だし!明日はボジョレー解禁だし!!


人気blogランキングへ

posted by nmf at 19:16 | ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月15日

北京ヴァイオリン

大好きな映画【さらば、わが愛〜覇王別姫〜】のチェン・カイコー監督の作品【北京ヴァイオリン】を観た。

中国の田舎に暮らす貧しい父と息子。母は息子が幼い頃、ヴァイオリンを残して死んでしまった。コンクールに出場するため、父子は大都会・北京に行く。父はコツコツと貯めた全財産を毛糸の帽子の中に隠して。コンクールでは、演奏は大したことないけど社会的な後ろ盾のある子が優勝し、息子は入賞どまり。その事実(審査の裏側)を知った父は、業界では異端児だが人間味のある教師に息子を師事させる。しかし、成功を手にするためには、より著名な教師の下で学ばせる必要があり…。

チェン・カイコーは期待を裏切らない。泣かされた。ただひたすら息子のことを想って、献身的に動き回る父親。これぞ、無償の愛=親子愛。too muchに感じる人、ありがちなストーリーと捉える人もいるだろうが、わが子殺しのニュースが報道されても「またか」と思うだけの現在の日本で、観ておきたい映画だと思う。

Beijing_Violin.jpg北京ヴァイオリン


人気blogランキングへ

posted by nmf at 19:10 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2006年11月15日

冬到来

ゲーム関連に疎い私は、Play Station 3 (PS3)が発売になったことを、昨日まで知らなかった。PS3用のソフトを開発していて、発売までの間は「まるで海外にいるかのごとく」連絡が取れなくなると言っていた友達に、久しぶりに連絡―祝・発売!―してみたら、彼は北の大地でリフレッシュ中だった。ボロボロになった心身を、あったかい温泉と新鮮な魚介類で癒しているみたい。雪見露天風呂や、路上の雪で危うくドリフト走行―職業病!笑―なんて話を聞くと、もうすっかり冬だね。山形からも先週末に降雪の便りがあったし、本当に秋はあっという間に過ぎ去っていくよ。小さい秋、見つけた♪とは、良く表現したものだ。

RIDGE_RACER_7.jpgリッジレーサー7


人気blogランキングへ

posted by nmf at 19:06 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月12日

ホルモンと吉井

061013_2153~0001.jpg

先週、早稲田大学の学園祭にホルモン吉井が出たんだけど、ダイスケはん(ホルモンのVo.キャーキャーうるさい方)の日記に吉井のことが書いてあった。その日の記事は、こちら

やっぱり吉井は良い匂いなんだぁ。揺れるハート

数ヶ月前まで会社に臭い人がいて、この公害が解決されなければ会社辞めようと本気で思ってた。新人の女の子が入ってきたことをきっかけに解消されたんだけど、今思えば様々な対策してたな。朝、同じフロアの誰よりも早く出勤して、誰にも見つからないように空気洗浄機を設置したり、風邪でも花粉症でもないのに高精度なマスクしたり。初めはハンカチで鼻を押さえてたんだけど、両手でタイピングしたり、右手にマウス&左手でキーボードってのが仕事の基本姿勢だから、両手使えるようにマスクにしたんだっけ。何で私がここまでしなきゃいけないんだ?!って思いながら…。嗚呼、解決して本当に良かった。

そして、ハンカチと言えば、予想通り、吉井は早稲田で言いました。(笑)

「ロック界のハンカチ王子、吉井和哉です」

その記事は、こちら


人気blogランキングへ

posted by nmf at 13:37 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2006年11月04日

Yonda? 人形

Yonda06.JPG

新潮文庫のマスコット Yonda? の人形が届いたよ♪

去年ゲットしたブックカバー、かなり重宝してて、風呂の中で文庫読むとき以外はフル回転で利用してる。今回の人形(ストラップ)は実用的なものじゃないけど、可愛くて、つい応募しちゃった。

リアルなパンダは獰猛らしいけど、マスコットにすると可愛いから、生茶とか、損保ジャパンとか、ナヲちゃんTシャツ(笑)とか、もちろん、北京五輪にも使われてるよね。


人気blogランキングへ

posted by nmf at 17:37 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月04日

川崎 3-0 鳥栖

HI350014.JPG

写真右上に、いつも仕事でお邪魔しているNの高層ビルディングが写ってる♪でも、ここはFのお膝元・等々力競技場。入場者数: 5026人。いつもは武蔵小杉からバスだけど、今日は武蔵中原から歩いてみた。

天皇杯4回戦。鳥栖が結構良くて「番狂わせ、あるか?」と思わせたが、後半33分、それまで保っていた緊張感がぷっつりと切れた瞬間を、中村憲剛のミドルにやられ、その2分後、我那覇に代わって入ったばかりの鄭大世にCKからヘッドで決められ、更に後半44分、ジュニーニョがペナルティエリア内で足裏コロコロの後にゴール。結局、11分間に3失点して鳥栖は散った。

天皇杯の楽しみは下克上な訳で、川崎×鳥栖の勝者が、明日行われる甲府×山形の勝者と当たるから、明日はモンテにしっかり勝ってもらうってことで―敵地だし、今となっては格上(J1)の甲府が相手だけど―モンテができるだけ上に進むには次の相手は川崎よりも鳥栖が良いな(先読みしすぎ!)って思って、川崎側に座っていながらも鳥栖贔屓で見てた。先制される時点までは鳥栖の方が良いサッカーしてたんだけど、惜しかった。左サイド(28番)の廣瀬が小さくてムチムチしてる(マラドーナっぽい)のに動きが超切れてて良かった。

隣に座ってた男性2人組がネット用語(?)を口語で使っていて、きもかった。"菓子杯"とか"温泉"とかって、普通に"ナビスコカップ"とか"ザスパ草津"って言えばいいじゃん!

あ、菓子杯の記事、まだアップしてなかった。(笑)

天皇杯の公式ページは、こちら


人気blogランキングへ

posted by nmf at 17:01 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー

2006年11月03日

U-19 日本 1-2 イラン

アジアユースの予選リーグ最終戦。C組の日本はこれまで、北朝鮮に2-0で、タジキスタンに4-0で勝利し、決勝トーナメント進出をほぼ確定していた。しかし、決勝トーナメント初戦の組み合わせ(C組1位はD組2位と、C組2位はD組1位と対戦)を考えると、やはり、C組を1位で通過しておきたいところ。

前半23分にA代表経験のある梅崎が得点し、先制したものの、後半2点を奪われて逆転負け。逆にイランはタジキスタンに勝ってはいるものの、北朝鮮に0-5で敗れているため、もっと得点する必要があったが、2点止まり。試合後、選手は予選を突破したかのごとく喜んでいたが、実際は同時刻開催の北朝鮮×タジキスタンの結果次第な訳で、結局、北朝鮮が1-0で勝利し、イランは予選リーグで敗退。

ちなみに、本大会の開催地はインドのバンガロール。10月29日から始まったのだが、月を跨いで今日は11月3日。インド南部カルナタカ州政府は11月1日に、州都であるバンガロールの名称を、ベンガルールに変更したそうだ。よって、北朝鮮戦とタジキスタン戦は@バンガロール、一方、イラン戦は@ベンガルール、同じ場所なのに。

ここのピッチ、相当硬いらしく球が勢い良くバウンドする。イランの選手は浮き球の扱いが上手で、空中のボールでも真芯をとらえて蹴っていた。日本は逆に、慣れないピッチコンディションに浮き足立っていたように思う。しっかりトラップしてからパスを出せば良いところを、ダイレクトで渡してカットされてしまったり。ま、予選突破したから良かったけど。逆に、予選リーグを勝ち抜く上での、良い戦い方の見本になったようにも思える。初戦と第2戦で取りこぼさず、最終戦の強敵・イランに負けても良い(大負けしなければ良い)状態を作っておけたし、イエローカード累積の選手を温存したりもできた訳だし。そういう意味でも、初戦、これも強敵・北朝鮮に2-0で勝てたことは大きい!この試合は先週の【やべっちFC】でダイジェストを見ただけなんだけど、かなり興奮した!嗚呼、ドイツワールドカップでも、初戦のオージーに勝っていれば、次のクロアチアにも勝てたかも知れないし、ブラジルに負けても決勝Tに行けたかも知れないのに…なんて、今更ながらに思ってしまう。勝負に【たられば】を持ち出しちゃダメなんだけどね。

さて、U-19日本代表は、明日行われるD組の結果次第で対戦相手が決まる。D組2位と当たるのだが、現時点での順位は、1) イラク、2) サウジ、3) ベトナム、4) マレーシア。勝点は上から、4, 4, 3, 0で、明日の対戦はイラク×マレーシアとサウジ×ベトナム。イラクはマレーシアに勝つだろうから、サウジ×ベトナムの勝者と日本は当たることになりそうだ。

この大会はワールドユース(U-20ワールドカップ)の大陸予選も兼ねていて、決勝トーナメント初戦(準々決勝)に勝てば、世界大会の出場資格が得られる。アジアに4枠与えられているという訳だ。

これまでのワールドユースの戦歴は、以下の通り。

1995年: ベスト8〔中田英、楢崎〕
1997年: ベスト8〔俊輔、宮本、柳沢〕
1999年: 準優勝〔小野、高原、稲本〕※ゴールデンエイジと呼ばれる所以
2001年: グループリーグ敗退〔大久保〕
2003年: ベスト8〔今野、平山〕
2005年: ベスト16〔平山、水本〕
続きを読む

人気blogランキングへ

posted by nmf at 21:04 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。