2006年10月01日

ROCK IN JAPAN FES. 2006

もう10月だ。それなのに書いていないことが多い、多すぎる!追いつくのは到底、無理な気がするけれど、これだけは夏の思い出として書いておかなければ♪

2006年8月5日(土)

Rock In Japan Fes. 2006の2日目。フェスは3日間行われるのだが、はじめからホルモンの参戦が決まっていれば、迷わず1日目だったのに…。悔しい!でも、会社の先輩にナヲちゃんTシャツを買ってきてもらったよ!一見、かわいらしいパンダに見える柄、実は笹を食べているように見せかけて人骨を食べている…。(笑)

NawoT.jpg

さて、どんな風に回ったかというと、以下の通り。

RIJF06.jpg

オレンジの丸で囲んだライブを観て回った。まずは、入場と同時にグラスステージ付近にレジャーシートで場所を確保し、物販コーナーへ。GALLOWの限定販売CD(手売り音源)をゲットすべく並んだけど、途中で売り切れ…。ノー!やっぱりスーパーひたちの始発じゃ無理なのか?!来年からは水戸に前泊か?!Hawaiian6のモリゾーTがとてもかわいかったけれど、蛇のトグロのような行列に並ぶ気力が失せて、退散。

途中からだけど、レイクステージでフジファブリック。そのまま、BENNIE Kを観た。コーラのCMってことぐらいしか知らなかったけど、意外に楽しかった。フェスならではの嬉しい発見。

ランチタイムは、ひたちなかの人々が名産品をふるまう【みなと屋】にて。ここも行列だけど、食べ物には並べるから不思議。(笑)

次は、グラスステージでACIDMANを観たのだけれど、連れは前夜の飲みすぎが祟って、暫し休憩。それを横目に、十分楽しんだ!掟・その壱、フェス前夜はゆっくり休んで万全の体調で当日を迎えよう!(笑)

次、エルレ!セッティング時にステージ上に現れた細美が、ニューマキシCD【Salamander】の中から1曲を少し聴かせてくれた。

エルレのステージを泣く泣く途中で退散し、サウンドオブフォレストへ。BEAT CRUSADERSのヒダカとカトウのバンド、GALLOWだ!実は、これが一番のお目当てだったりする。初めて訪れたサウンドオブフォレストは林の中にある小さなステージで、涼しく、観客もゆったりとしている。そんな中で聞くアルバム【PARKEST!】からの楽曲たちは、とても心地良かった。

GALLOWを最後まで堪能し、レイクステージへ。OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDBRAHMANの面々とスコットランド系アメリカ人のMARTINがメインボーカルとギター、そしてバイオリンを担当するバンド。ロックにバイオリン?!って思うかもしれないけれど、はまる!おすすめ。

そして、10-FEETを同じレイクステージで。暑苦しい。(笑)でも好き。暑苦しいって自覚しているTAKUMAがグッド。

最後はHawaiian6だ!念願叶って、やっと観ることができた。1曲目の途中で急にギターの音が消えちゃうハプニングがあったけど、でも、かっこいい!この、少し哀愁漂うメロディー、でも速いの、好き。そして、ドラムの畑野が熱い。やっぱり日本人として、一回はヒロシマに行って、原爆投下の事実を目の当たりにしなきゃダメだって思った。

こんな風に、今年も大満足のRIJFだった。驚きは、観てないけれど(泣)、我等がホルモンちゃんの大躍進だろう、やっぱり。去年はサウンドオブフォレスト(一番小さなステージ)に昼頃の登場だったのだが、たった1年でレイクステージ(2番目に大きなステージ)のトリ!ホルモンパワー炸裂だ♪

RIJF2006.jpgROCK IN JAPAN FES. 2006


人気blogランキングへ

posted by nmf at 01:42 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24690957
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。